最新記事

ライフスタイル

プロダクツ

Apple Watchは「築くべくして築かれた」ブランド(ITジャーナリスト林信行と振り返る:前編)

2020.07.08
プロダクツ

スマホやイヤホンも除菌できる、携帯式のUV除菌バッグが日本上陸

2020.06.30
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

1000万円以上の借金を隠していた夫と離婚してもいい?

<私は離婚を望んでいます。身勝手な行動で家族の安定を台無しにした人と一緒にはいられません。でも、小学生の子供に夫の金銭トラブルを話すのはちょ

2020.06.24
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「イクメンなのに......」失意のパパと、愛され過ぎるママの私

<夫は忍耐強くて遊び上手な素晴らしいパパ。娘ともうまくやっているのですが、ママがいるとそっちのけに......。小説家ミシェル・ハーマンのア

2020.06.18
トラベル

コロナショック後の旅行は「3つの点」で大きく変わる インバウンドの終わりと始まり

2020.06.15
白モノ家電コンシェルジュ

割れたグラスの処理も楽々 乾湿両用バキュームクリーナーでゴミを一網打尽!

2020.06.15
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

10歳の娘は彼氏と時々キスをする「いくらなんでも早くない?」

<娘のカレはとてもいい子で、家族ぐるみの付き合いもあります。ところが、すでに2人はキスをしているとのこと。過剰反応はしたくありませんが、これ

2020.06.12
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

パンデミックが促した欧州グリーン政策とベルリン生まれの検索エンジン「エコジア」

<ベルリンからグーグルに代わる新しい検索エンジン「Ecosia」が生まれている。その価値観が現しているものとは......> 僕が住むベルリ

2020.06.10
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「身内の死」続きで動揺する4歳の娘 近々、愛犬を安楽死させることは事前に伝えるべき?

<1年の間に祖父や愛犬など身近な死を5回も経験した4歳の娘。近々、もう1匹の愛犬も安楽死させる予定ですが、娘の心に傷を残さないためにはどうす

2020.06.05
あなたの人生 聞かせてください 久保田智子

TBS「天気予報の森田さん」の気象哲学──不確実のススメ

<ジャーナリスト・久保田智子が、人生についてインタビューする連載コラム。今回は、TBSテレビ「Nスタ」お天気キャスターの森田正光さん。気象解

2020.06.04
作業記憶

20分のウォーキングがコーヒー1杯のカフェインと同等に記憶力を向上させる

2020.06.01
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

<「他人の子供に直接注意するなんて!」そう思った私はチップを減らし、店員の上司に直談判。この件をSNSに投稿。すると、なぜか批判の嵐。私は間

2020.06.01
ニューヨークの音が聴こえる 大江千里

【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

<ポップスを作るのに必要なのは、心地よい数分間に人生や恋のさわりを咀嚼して聴かせるテクニックだ。これを本能でできる年齢にはリミットがある

2020.05.29
健康

スポーツクラブ再開待ち望む「筋肉女子」 クロスフィットで鍛えビジネスにもメリット

2020.05.29
若者

若者の現在と10年後の未来:消費行動編(後編)──新型コロナで変化が加速

2020.05.29
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

母親失格? 自分の時間が欲しいだけなのに...

<もっと息子と一緒にいたい夫と、自分の時間が欲しい私。少し息抜きに出かけると夫に責められます。私はどこかおかしいですか? 小説家ミシェル・ハ

2020.05.29
人生相談からアメリカが見える スレート誌人生相談員

「重病の恋人のため」は大学進学を遅らせる理由としてアリ?

<彼女の病気を機に、内に籠もることが増えた息子。「進路は自分自身のニーズに基づいて決めるべき」と思いつつ、無理強いはしたくありません──。文

2020.05.28
若者

若者の現在と10年後の未来:消費行動編(前編)──所有から利用へ

2020.05.28
フード

まずは食べること! 各国シェフの日々を彩るヘルシーな家庭料理

2020.05.27
あなたの人生 聞かせてください 久保田智子

ステイホームの今こそ、家族と「#うちで話そう」──久保田智子とお母さんの対話

<ジャーナリスト・久保田智子が、一般の方の人生について聞く連載コラム。今回インタビューする相手は、自身の母。極端なマイナス思考の母との関係に

2020.05.27

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中