最新記事

子育て

だまし絵、塗り絵、セルフ絵画展──家庭で育む子どもの「アート思考」

2022年10月12日(水)11時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

無理に「何か」を見出そうとせず、子どもの世界を尊重する姿勢が大切(写真はイメージです) kyonntra-iStock

<「非言語的なものにどれだけ触れているか、が子どもの感性を育む上で重要だ」と多摩美術大学特任准教授の佐宗邦威氏は言う。身近なツールですぐに実践できるアート思考の育て方とは>

「アート思考が大切」「アート思考を育もう」と、ビジネスシーンから教育現場に至るまで「アート思考」というワードを耳にする機会が増えていないだろうか?

もし「クリエイティブな職業ではないから自分には無関係」と思っているのならば、それは思い違いだ。目まぐるしく進化し続ける現代においては、今まで主流だった論理的思考ではなく、常識にとらわれない考え方や柔軟な発想力が求められている。生き方に「決まった正解」がなくなった今日、創造性に富んだ子どもを育てたいと考える親は少なくないはずだ。 

そんな中、だまし絵で子どものアート思考を育む絵本『くるっと だーれ?』(かしわらあきお著・主婦の友社)が注目を集めている。今そのような考え方が求められる理由、子どものアート思考を育む方法について、多摩美術大学特任准教授で、子どもアートプロジェクトにも携わる佐宗邦威氏に聞いた。

◇ ◇ ◇


――最近よく耳にする「アート思考」という言葉ですが、その定義を教えてください。

これだけ世間でよく耳にするようになった言葉ですが、実はまだ合意された明確な定義はないように思います。アート的な思考について、私自身は「ビジョン思考」と呼んでいます。妄想からスタートして自分の世界観を知覚しながら具体化し、さらに自分なりに組み替え、表現するというサイクルです。

アーティストに限らず、実は起業家や開発者など、「今までにない仕組みを構想する人」は誰しも最初に似たようなプロセスを踏むものだと思います。

――なぜ「アート思考」が注目されるようになったのでしょうか?

ビジネスの世界ではこれまで、最初から正解を求めるようなプロジェクト、つまり左脳的な論理的思考がメインストリームでした。

しかし、今の時代は「1人ひとりがつながってしまい、相互に影響を与え合うことで予測もつかない変化が生まれる世界」に投げ込まれている状態だと思うのです。そんな社会においては論理的思考ではうまく立ち回れないことも多く出てきています。「それはあなた個人の考えだろう」と足蹴にされていたアイデアこそが、結果的には世の中を動かし、変えるようなエネルギーを持っているケースが珍しくありません。

洞察力のある人たちは、現代社会が「表現したもの勝ち」という潮流にシフトしつつあると気づき始めています。だからこそ、「アート的なものの見方」は今急速に見直されているのです。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

再送中国アラブ関係「新局面」、元建て取引推進で米揺

ワールド

ウクライナ、ロシア軍の攻撃で冬季の電力不足継続

ワールド

再送-サウジのムハンマド皇太子、米ロ囚人交換を仲介

ビジネス

ステランティス、イリノイ州工場を無期限停止 EVコ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:ラーゲリより愛を込めて

2022年12月13日号(12/ 6発売)

二宮和也主演『ラーゲリより愛を込めて』── 映画で知るシベリア抑留の歴史

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    10代の少女たちに歌わせるには「性的すぎる」 韓国ガールズグループの新曲が物議

  • 2

    ロシア動員兵の間で事故死や変死相次ぐ

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 6

    『ラーゲリより愛を込めて』 二宮和也演じる主人公が…

  • 7

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 8

    K-POPの頂点からの転落 元EXOクリス、性犯罪で去勢の…

  • 9

    「アメリカの傭兵」──ワグネルが名指しで命を付け狙…

  • 10

    行き過ぎた円安が終わり、2023年に懸念されること

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    【英王室】3人のプリンセスたちの訪米ファッションに注目!

  • 4

    ロシア国内で「軍用機の墜落」が続発...ロシア空軍、…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    スーパーモデル、ベラ・ハディッドがヌードで登場、…

  • 7

    「言葉を失う」...ロシア軍の「置き土産」が雄弁に物…

  • 8

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見…

  • 9

    ロシア戦闘機が非武装イギリス機に「ミサイル発射」…

  • 10

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 3

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月