最新記事

睡眠

CEOからの相談で多いのは「悪夢」──悪夢治療がよいリーダーシップを生む

How to Have Better Dreams

2022年6月24日(金)12時55分
ロビン・エーブラハムズ(ハーバード・ビジネススクール研究員)、ボリス・グロイスバーグ(同スクール教授)

OSAKA WAYNE STUDIOS/GETTY IMAGES

<単なる「悪い夢」と「悪夢」は異なる。しかも、夢は抑圧された願望でも、何かの象徴でもない。夢と睡眠の質を改善する「悪夢治療」の4つのテクニック>

ビジネススクールで現役企業幹部向けの講座を担当していると、企業戦略よりも自分が見た悪夢について相談に来るCEOが少なくないことに驚かされる。精神が打ちのめされ、怖いニュースばかりを見せられていると、悪夢や不快な夢を見るのも無理はないのかもしれない。

心身の健康のために睡眠が重要であることは、リーダーたちの間でよく知られるようになっている。しかし、悪夢や不快な夢は睡眠の質を低下させる。幸い、悪夢を減らし、もっとよい夢を見るためにできることは、一般に思われているよりたくさんある。

ぼーっとしている時間に、あなたはどんなことを考えるだろうか。処理すべき課題のこと? それとも国際ニュース? あるいは、身の回りの人たちのこと? 過去の出来事? アートや音楽や文学について? いずれにせよ、それはあなたが夢で経験するテーマでもある。

あなたが見る夢である以上、その夢があなたの関心事や経験、脳裏に抱くイメージによって構成されるのは当然だ。夢は眠っている間に見るものなので、そうした要素がごちゃごちゃに入り交じり、とっぴな内容になることも多い。

夢は、抑圧された願望や欲求の反映などではないし、隠された意味があったり、何かを象徴していたりするわけでもない。夢が取るに足らないものだとか、なんの情報ももたらさないと言うつもりはないが、特定の夢を見ることが避けられないと決め付けるべきではないのだ。

夢は大きく3つの種類に分けられる。

■個人的な夢 私たちが見る夢の75~80%は、自分の日常の経験や関心事に関わるものだ。最近学んだばかりの、あるいはいま学びつつある新しい情報やスキルに関する夢を見ることも多い。学習のプロセスにおいて睡眠が大きな役割を果たしていることを考えると、この点は意外でない。

研究によると、眠りに就く前にコンピューターゲームをプレーすると、ゲームの世界と同様の夢を見ることが多いと分かっている。イタリアで新型コロナ関連の夢について調べた研究では、家族の死や病気などに関する夢より、コロナ禍で求められる新たな行動様式に関する夢を見るケースが多かったという。

典型的な夢 高い所から落下したり、追い掛けられたり、性的な体験をしたり、金縛りにあったり、空中を飛んだり、歯が抜けたり......といった多くの人に共通する夢のこと。この種の夢には重要な意味が隠れていると思われがちだが、そうした夢を生み出すのは生物学的要因だ。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

トヨタ、堤工場第1ライン一時停止 コロナ感染で66

ワールド

中国軍機16機、防空識別圏に侵入 中間線超え=台湾

ワールド

ロシア、ウクライナのハイマース弾薬庫破壊と発表

ワールド

ファイザーとビオンテックの変異株ワクチン、欧州当局

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り裂いた「ニンジャ爆弾」

  • 4

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 7

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 8

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 5

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 6

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 7

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 8

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 9

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 10

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月