最新記事

0歳からの教育

子どもの事故にはパターンがある、防ぐためにできることは?

Preventing Accidents

2021年12月20日(月)10時55分
井上佳世(ライター)

段差での転落、目を離した間の溺水、ボタンや電池などの誤飲など、起こりやすい事故には繰り返されてきたパターンがありデータも蓄積されている IILLUSTRATION BY SIRITAT TECHAPHALOKUL-SHUTTERSTOCK

<起こりやすい事故には発達段階に応じてパターンがあることが、研究から分かっている。真の「見守り」は目を離しても安心な環境をつくること>

1歳のわが子に水遊びをさせようと、母親は小さなたらいに水を張った。タオルを取りにその場を離れたのはほんの一瞬。だが戻ったときに目にしたのは、たらいに顔を沈めて溺死したわが子の姿だった──。

埼玉医科大学総合医療センター小児科の加部一彦によれば、そんな悲惨な事故が後を絶たないという。

子供の死因の中で常に上位にあるのが、不慮の事故だ。子供の命を奪うリスクは日常のどこにでも潜んでいるが、そのほとんどが家庭内で起こっている。

1歳以上の不慮の事故死の約半数を占めるのが溺水だ。乳幼児は溺れているときには暴れると思いがちだが、実際は「静かに溺れる」と、加部は言う。

「ビニールプールでも浴槽でも、口と鼻が塞がれるだけの水量があれば簡単に溺水してしまう」

頭が大きくバランスが悪い乳幼児は、ふとしたことで体勢を崩し、落ちたり、転んだりする。

「子供の事故死は、発達段階と密接に関係するので、月齢によって起こりやすい事故が変わることを知っておくことが大切」と、加部は強調する。

まだ自分では動けない6カ月頃までで、最も注意が必要なのは窒息だ。消費者庁のデータでは、0歳児の不慮の事故の中での窒息死の割合は約9割にも上る。布団や枕が口を塞いでしまうベッド内での事故、上の子が与えた食べ物が喉に詰まる例も多い。

6カ月以降、ハイハイするようになると、思わぬところに入り込み、手にした物を全て口に持っていくため誤嚥(ごえん)事故が急増する。

特に、日用品や家電のボタン電池は要注意だ。飲んでしまえば開腹手術は免れない。リモコンなどは、手の届かないところに置く習慣が必要だ。

1歳前後でつかまり立ちを始め、やがて歩きだすと、ベランダからの落下、交通事故、水場での溺水といった、一瞬で命を奪う事故の頻度が高まる。

0sai-mook-20211220-2.jpg

IILLUSTRATION BY SIRITAT TECHAPHALOKUL-SHUTTERSTOCK

あっという間は0.5秒

成長に伴い、子供は何にでも興味を持ち、遊び道具にしてしまう。ロールカーテンのひも、炊飯器の湯気、ウオーターサーバー。

親が四六時中、子供から目を離さずにいる努力をしなければ、家庭内の悲惨な事故を防げないのだろうか。

東京工業大学教授でNPO法人セーフキッズジャパン理事の西田佳史は、「見守ることが事故の予防になるというのは誤解で、迷信のようなもの。目を離してもよい状態にする環境づくりが、事故の予防効果を上げる」と断言する。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

インフレ抑制が「最優先」、景気後退は招かず=SF連

ビジネス

IMF、米成長見通し下方修正 積極利上げ背景 景気

ワールド

従業員の中絶に絡む交通費を負担へ、米企業が相次いで

ビジネス

米国株式市場=大幅続伸、積極利上げ観測後退

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベットとの対面時間を制限した訳

  • 4

    「あの」河瀬直美監督とは思えない繊細さでマイノリ…

  • 5

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 9

    スリム化は不可欠、「ポスト・エリザベス」の英王室…

  • 10

    今度の参議院選挙で審判を受けるのはむしろ「野党」

  • 1

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 2

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 3

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 4

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 7

    大量のシラミがわいた9歳少女は貧血で亡くなった....…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 9

    「毛深すぎる」と専門家も困惑......とんでもなくモ…

  • 10

    こっそりカンボジアに拠点を作った中国人民解放軍に…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月