最新記事

プロダクツ

スマホやイヤホンも除菌できる、携帯式のUV除菌バッグが日本上陸

2020年6月30日(火)17時00分
Pen編集部 ※Pen Onlineより転載

水洗いできない日用品も清潔に保てる。赤と白の2色を展開。「ポータブルバックUV除菌器」赤(約268g、H12cm×W8.5cm×L21cm)¥11,980(税込、2020年7月上旬発売予定)/完実電機 TEL:050-3388-6838

新型コロナウイルスの流行以来、多くの人がこれまで以上によく手を洗うようになったことだろう。しかし、洗った手で触れる身のまわりのものが除菌できていなければ、せっかくの心がけも水の泡。たとえば日常触れるスマホの画面は、便座に比べて雑菌の数が10倍多いという実験結果もあるほどだ。

<参考記事>コロナ感染防止にもひと役買う、無人レジで人気のスーパー

そこで注目したいのが、アメリカのヘルスケアブランドHoMedics(ホーメディックス)から登場した「ポータブルバックUV除菌器」。ファスナーを閉めてボタンを押せば、バッグ内部で殺菌力の強いUV-C LEDライトが点灯。わずか1分で付着した雑菌を99.9%除菌してくれるという。アルコールや洗剤を使わないので、スマホやイヤホン、リモコンなどの電化製品や、アイウエアやジュエリー、鍵など洗いたくてもなかなか洗えないものまで手軽に除菌できる。充電式で、カバンに入れてどこへでも持ち運べる大きさなのも使い勝手がいい。

日本では、クラウドファンディングサイトの「GREEN FUNDING」で先行発売が開始されている。アフターコロナの世の中で衛生観念が見直されるなか、まずは身近なものの除菌から始めてみてはいかがだろうか。

<参考記事>バランスボールからスツールまで、テレワークに最適な椅子5選。

pen202006151120095402.jpg

殺菌力の高いUV-C LEDライトを照射。ファスナーが所定の位置まで閉まらなければライトが点灯しない安全設計だ。

※2020.05.15

※当記事は「Pen Online」からの転載記事です。
Penonline_logo200.jpg



202006NWcovid19Mook_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

SPECIAL ISSUE「COVID-19のすべて」が好評発売中。ゼロから分かるCOVID-19解説/歴史に学ぶ感染症の脅威/ポスト・パンデミックの世界経済......。錯綜する情報に振り回されないため、知っておくべき新型コロナウイルスの基礎知識をまとめた1冊です。

ニュース速報

ビジネス

米株、通常取引より時間外が好調な長期トレンドに近く

ワールド

レバノン、首相候補が就任辞退 宗派間の対立で

ビジネス

内閣府、7月景気動向指数改定値の公表を延期

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者328

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月