最新記事

0歳からの教育 みんなで子育て

どう違う? 日本・韓国・中国「祖父母の孫育て」体験記

IT REALLY DOES TAKE A VILLAGE

2020年3月26日(木)18時10分
李娜兀(リ・ナオル、国際交流コーディネーター・通訳)

中国では地方在住の祖父母やシニア世代のベビーシッターに支援を頼むことも REUTERS

<3カ国を行き来し、シニア世代の力を借りながら子育てをして見えてきた各国祖父母の苦労と現実。本誌「0歳からの教育 みんなで子育て」特集より>

20200331issue_cover200.jpgわが家の高校生の長女は福島県生まれ、小学生の次女は中国・北京生まれだ。日中2つの大学院に通うなどしつつ日本と中国、韓国を2~3年置きに引っ越ししながらの子育ては、韓国人である私の母、日本人の夫の母、それに北京では中国人ベビーシッターの助けなしには難しかった。

北京のベビーシッターの女性は、私より20歳ほど年上だったので、私は日韓中シニア世代の助けを借りた子育てを実践してきたともいえる。そうした経験や知人・友人の状況を踏まえ、日中韓の「祖父母の孫育て」事情について考えてみたい。

◇ ◇ ◇

優雅な韓服姿の中高年女性がうれしそうに拍手していたと思ったら、次の場面では泣きわめく孫をおんぶして食事の支度をしている。普段着にぼさぼさ頭で、ゆがんだ表情。そこに「子育て作業の終わり、そして子供の子供を育てる作業の始まり」という字幕が映し出される。2015年頃、韓国で流れたマンション建設会社のテレビCMだ。

わが子の結婚式に出席した女性の華やかで幸せそうな様子と、その直後に始まる「孫育て」のしんどさを映像で対比させたCMは、「リアル過ぎる」と話題になった。添えられた「子育て農作業」という意味の慣用句も、その苦労を強調している。CMに賛否両論が巻き起こったのは、そのリアルさが共感を呼ぶ一方で、孫を持つ世代には負担の重さを、そして子供の世話を親に任せている世代には「親に申し訳ない」という罪悪感を思い起こさせたからだ。

こうした祖父母は韓国にどのくらいいるだろうか。韓国で0~6歳の子供を持つ2500世帯を対象にした「2018年全国保育実態調査」(育児政策研究所)によると、祖父母から何らかの育児支援を受けている家庭は37.8%だった。

韓国の「オリニチプ」と呼ばれる保育園は、専業主婦でも子供を預けられる半面、午後5時までの所が多い。働く女性にとっては迎えに行く時間が早過ぎるので、やはり誰かの助けが必要になる。そこで祖父母の出番ということになるようだ。

こうした祖父母による孫育てのことを「黄昏(ファンホン)育児」と呼ぶ。黄昏育児は祖父母世代にとって生きがいになる半面、前述のCMのように負担やストレス、教育方針の違いからくる子供との摩擦などネガティブな影響も話題になる。ある研究によると、韓国の場合、こうした影響は教育や収入の水準によって違うという。余裕がある家庭では、孫の面倒を見る祖父母にとっても快適な住環境を準備できるほか、気分転換の方法も多様だからだ。建設会社がCMで強調しようとしていたのも、まさにその点。「しんどい孫育児は、快適な環境で」というわけだ。

同居率の高さもストレスに

一方、日本では世代を超えて比較的、「祖父母の子育て」に肯定的な認識を持っている人が多いように見える。全国20~79歳の3000人を対象とした内閣府の「家族と地域における子育てに関する意識調査」(2014年公表)によれば、子供が小学校に入学するまでの間、祖父母が育児の手助けをすることが望ましいかとの設問に「望ましい」と答えた割合が78.7%に達している。

ニュース速報

ワールド

米大統領、CDCやファウチ氏への批判強める コロナ

ビジネス

イタリア、200億ユーロの追加刺激策準備 赤字さら

ワールド

WHO「多くの国が間違った方向に」、コロナさらに深

ワールド

米大統領、学校再開に向け支援拡充の用意=カドロー氏

MAGAZINE

特集:台湾の力量

2020-7・21号(7/14発売)

コロナ対策で世界に存在感を示し、中国相手に孤軍奮闘する原動力を探る

人気ランキング

  • 1

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 2

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 5

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 6

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 10

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月