最新記事

教育

米国、そして韓国でも歪んだ社会を映す受験競争 富裕層目指せるのは富裕層だけ?

2019年3月28日(木)20時00分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

誰しもが子供にいい教育を与えたいと思うが、それがエスカレートすると……。写真は娘の試験解答を書き換えさせて起訴された女優フェリシティ・ハフマン(2019年 ロイター/Mike Blake)

<子どもをもつ親なら、誰しもわが子をいい大学に入れていい会社に就職させたいと願うものだが、実際にそれを実現できるのはごく限られた人だ>

3月12日ハリウッドに衝撃が走った。芸能人や著名人40人余りがコンサルタント会社を通じ、子供をイェール大学やスタンフォード大学などの名門大学に不正入学させていたという、まるで映画のようなニュースが飛び込んできたのだ。その中には日本でも人気の高かったドラマ『フルハウス』にレベッカ役で出演していたロリ・ロックリンや、『デスパレートな妻たち』に出演し過去にアカデミー賞にノミネートされたこともあるフェリシティ・ハフマンなどの女優たちも含まれている。

また、このスキャンダルはホワイトハウスにまで飛び火し、トランプ大統領の娘婿ジャレッド・クシュナーのハーバード大学への裏口入学の疑惑が浮上した。さらに、トランプ大統領本人とその息子トランプ・ジュニア、娘イヴァンカがペンシルバニア大学ウォートン校に入学できたのは、莫大な寄付をした見返りとしての裏口入学ではないかという疑惑ももち上がっている。アメリカでは、大学の施設の増改築に際して寄付した人の名前が新しい施設に刻まれていたり、寄付した人の子供が入学にあたって優遇されるのが暗黙の了解のようになっている。

今回のスキャンダルが発覚してから、「貧富の差で進学の機会が左右されるのはどうなのか?」「いや、金持ち数人入学させて、その分施設が立派になるんだったらそれでいいじゃないか」など、米国内でも賛否が分かれているのが現状だ。

教育大国、韓国でも裏口入学が問題に

さて、お隣りの韓国では裏口入学などはどうだろうか。韓国は教育熱心なことで有名だ。実際、筆者が韓国に住んでいたときも、大学の図書館の自習室は夜遅くまで勉強するため椅子取りの争奪戦。英語など外国語ができて当たり前という雰囲気だった。友人の子供たちは、毎日朝から晩までさまざまな習い事に通わされていた。日本のセンター試験に相当する大学修学能力試験当日は国をあげての一大行事となり、英語の試験ではヒアリング問題で騒音が受験生の邪魔になってはいけないと航空会社が離着陸時間を調整するほどだ。

そんな教育熱心な韓国でも、アメリカ同様裏口入学スキャンダルは取り沙汰されてきた。2016年に弾劾された朴槿恵前大統領の長年の友人チェ・スンシルは、今回のアメリカのスキャンダル同様、娘のチョン・ユラを乗馬のスポーツ推薦枠で名門梨花女子大に入学させ、その乗馬の成績自体も買収されたもので偽装成績による裏口入学だったと言われている。

また、2018年にはK-POP人気バンドCNBLUEのメンバー、ジョン・ヨンファが、慶煕大学の博士課程に面接なしで入学していたということが問題になった。これは有名人を入学させて定員割れを防ぎたい大学側が事務所へ要望したもので、本人の意思ではなかったようだが、責任を取ってレギュラー出演していたテレビ番組を降板している。

ニュース速報

ワールド

英首相に早期辞任圧力、離脱協定案巡り与党内で強い反

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    英国民はそろそろEU離脱が「糞を磨く」のと同じことに気づくべきだ 強硬離脱派の大物閣僚2人辞任

  • 2

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 3

    ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

  • 4

    トランプ大統領の大相撲観戦に前代未聞の備え

  • 5

    男性にもタイムリミット──35歳までに精子を凍結すべ…

  • 6

    メイの有力後継候補ジョンソンはヤバい?「合意なき…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    増加する日韓のオゾン層破壊物質 中国企業数十社に…

  • 10

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 6

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に…

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 10

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポ…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

  • 9

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

  • 10

    新天皇を迎える韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月