注目のキーワード

倫理

ニューズウィーク日本版『倫理』に関する記事一覧

米国、そして韓国でも歪んだ社会を映す受験競争 富裕層目指せるのは富裕層だけ?
教育

米国、そして韓国でも歪んだ社会を映す受験競争 富裕層目指せるのは富裕層だけ?

<子どもをもつ親なら、誰しもわが子をいい大学に入れていい会社に就職させたいと願うものだが、実際にそれ...

2019.03.28
軍用ドローンで世界はどうなる 〈無人化〉時代の倫理に向けて
テクノロジー

軍用ドローンで世界はどうなる 〈無人化〉時代の倫理に向けて

2010年以降、急速に普及し始めた小型無人飛行機─ドローン。従来の物理的な制約に縛られない能力は、...

2018.10.10
        
倫理をAIで科学する エクサウィザーズ社長石山洸
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

倫理をAIで科学する エクサウィザーズ社長石山洸

AI新聞より転載 道具や技術は、人を幸せにも不幸にもできる。ハサミでも原子力でもそれは同じで、その...

2018.03.16
死が迫ると人は幸福を感じる?--米研究
死生観

死が迫ると人は幸福を感じる?--米研究

<死が間近に迫ると不安や恐怖に苛まれるのではなく、愛や幸福を感じる人が多いことが研究でわかった。本当...

2017.06.07
トランプの「迷言女王」コンウェイ、イバンカの服宣伝で叱られる
アメリカ政治

トランプの「迷言女王」コンウェイ、イバンカの服宣伝で叱られる

<事実や倫理を捻じ曲げてまでトランプや家族のために尽くすケリーアン・コンウェイが注意を受けた。処分は...

2017.02.10
安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた
パラリンピック

安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

<パラリンピックでメダルを取った後、「痛みに耐えられないので安楽死する」と誤って伝えられたフェルフー...

2016.09.23
IMF「全世界の汚職のコストは年間2兆ドルに、対策が不可欠」
汚職

IMF「全世界の汚職のコストは年間2兆ドルに、対策が不可欠」

国際通貨基金(IMF)は11日公表した研究論文で、公的セクターの汚職により、世界経済から年間1兆...

2016.05.12
「尊厳死」法制化で悩む日本、高齢化と財政難が拍車
倫理

「尊厳死」法制化で悩む日本、高齢化と財政難が拍車

 定年退職した元航空会社職員、丹澤太良さんにとって、84歳の母親が迎えた安らかな死は自分自身の終末の...

2016.04.03
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら