コラム

爆発する中国のAIパワー

2019年12月23日(月)17時15分
爆発する中国のAIパワー

浙江省杭州市のレストランでアリペイの顔認証支払いシステムを試す消費者(2017年)

<中国共産党が初めて、「データ」を労働や資本と並ぶ「生産要素」として挙げた。これは、AIの「エサ」となりその利便性を最大限に引き出すデータのことだ。14億人のデータと起業家精神で、5年後にはアメリカに追いつくとも言われる。そこで日本は?>

今年10月末に開催された中国共産党の四中全会の決議のなかに面白い一節があった。

「労働に応じた分配を主体とし、さまざまな分配の方法も併用する。労働者、特に第1線の労働者の報酬を増やす。労働、資本、土地、知識、技術、管理、データなどの生産要素の貢献を市場で評価し、その貢献に応じて報酬を決めるメカニズムを健全なものにする。」

この一節がなぜ面白いのかを説明するためには、経済学史のおさらいに少々お付き合いいただかなくてはならない。

マルクスは労働が商品の価値の唯一の源泉だと考えた。資本家は資本を出す見返りに利益を得るし、金融業者は金を貸す見返りに利子を得るし、地主は土地を出す見返りに地代を得るが、マルクスはそれらはみな労働者が生み出した価値を搾取したものだ、と主張した。

決議文のなかで「労働に応じた分配」を強調しているのは、中国共産党が少なくとも建前上はマルクス主義を堅持していることを示している。

一方、労働、資本、土地、技術などの生産要素が生産に対するそれぞれの貢献度に応じて報酬を得るという理論は、アダム・スミスに始まり、マルサスを経て、新古典派経済学、すなわち今日の主流派経済学に受け継がれている。つまり、決議文には主流派経済学の立場に沿った一文も書かれている。

生産要素に「データ」を追加

ここまでは中国共産党の従来の立場と変わりない。なにしろいまや資本家も入党できるのだから、資本家が得る利益は搾取ではなく生産要素の提供に対する報酬だ、といわないことにはおさまりがつかない。

さて、今回の決議文の新しいところは、生産要素のなかに「データ」が入っていることである。データが労働、資本、土地と並ぶ生産要素だとはおそらくどの最新の経済学の教科書にも書いていないと思う。つまり、上記で引用した決議文には古典的なマルクスの経済学と、未来の経済学とが同居しているのである。その意味でこの決議文は実に面白い。

いや「データは21世紀の石油」というフレーズは昨年ぐらいから日本の新聞や政府の報告書にも頻繁に出てくるので、決議文には別に目新しいことは書いていないのではないか、と指摘する人もいるかもしれない。

しかし、石油や資源はふつう生産要素とはみなされない。というのは、石油はそれを掘る機械などに投じられた資本、採掘に従事する労働者、油田がある土地、採掘の技術、といった本源的な生産要素が組み合わさることで生み出される製品であり、製品は生産要素には入らないのである。一方、上記の決議文はデータを本源的な生産要素の一つとして挙げている。やはりこれはとても新奇な観点だといわざるを得ない。

プロフィール

丸川知雄

1964年生まれ。1987年東京大学経済学部経済学科卒業。2001年までアジア経済研究所で研究員。この間、1991~93年には中国社会学院工業経済研究所客員研究員として中国に駐在。2001年東京大学社会科学研究所助教授、2007年から教授。『現代中国経済』『チャイニーズ・ドリーム: 大衆資本主義が世界を変える』『現代中国の産業』など著書多数

ニュース速報

ビジネス

ホンダが4輪開発体制を再編、迅速で競争力高い基盤づ

ビジネス

各国企業はCOP26までに温暖化対策とりまとめを=

ビジネス

日経平均は4日続落、329円安 米アップル関連売ら

ビジネス

新型肺炎で世界の医薬品供給に支障の可能性=EU商議

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染者ゼロの怪

  • 2

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 3

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑みで立ち往生のヘビ救った男たち

  • 4

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    日本の「新型肺炎」感染拡大を懸念する韓国がまだ「…

  • 7

    米共和党上院議員が中国を嘘つきと非難

  • 8

    「37.5度以上はオフィス入室禁止」 日本企業もウイル…

  • 9

    新型コロナウイルス専門家会議、大規模イベント自粛…

  • 10

    習近平「1月7日に感染対策指示」は虚偽か

  • 1

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

  • 2

    今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」となるかもしれない

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

  • 5

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 6

    「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

  • 7

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初…

  • 8

    インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 3

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 4

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!