最新記事

教育

米国、そして韓国でも歪んだ社会を映す受験競争 富裕層目指せるのは富裕層だけ?

2019年3月28日(木)20時00分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)


韓国では社会現象にまでなったドラマ『SKYキャッスル』第2話より、入試コーディネーターが生徒のイェソと会う場面。 JTBC Drama / YouTube

受験がその後の人生を左右すると言っていいほど重要視されている韓国だけに、修学能力試験、人気私立学校の受験などが映画やドラマの題材としても多く取り上げられてきた。2000年製作のドラマ『真実』は、54.6%という驚異的な高視聴率をたたき出したシリアスドラマだった。日本でも『冬のソナタ』で有名なチェ・ジウが主演しており、実際に起きた受験の替え玉事件などを取り上げて話題となった。

教育熱心な親たちがこぞって子供たちを通わせている塾が立ち並ぶ場所といえばソウルの富裕層が集まる街カンナム区のデチドンがあげられる。筆者が以前通勤していた場所でもあり、残業を終えて夜遅く家に帰る時間、塾が終わった子供たちを迎えに来た親たちの高級外国車が道路に並んでいるのをよく見かけた。『妻の資格』はそんなデチドンを舞台に、加熱する受験競争に疑問をもった中年男女が禁じられた恋に落ちるというドラマだった。

受験競争を描いて社会現象を巻き起こした『SKYキャッスル』

この『妻の資格』と同じケーブル放送局のJTBCが2018年11月から放送を開始し、韓国で社会現象を巻き起こすほど話題になったドラマが『SKYキャッスル』だ。タイトルにある"SKY"は「Seoul・Korea・Yonsei」(ソウル大・高麗大・延世大)という韓国の三大エリート大学を指す略語で、物語は一流大学に子供を入学させたいセレブたちが住む架空の高級住宅地「SKYキャッスル」が舞台となる。

第1話では視聴率が1.7%だったものの、その後回を重ねるごとに話題となり、最終話では23.8%(ソウル首都圏では24.4%)を記録。これは非地上波チャンネル歴代最高視聴率となった。この高評価を受け、もともとは16話完結ドラマだったが4話追加され全20話で構成された。このドラマで注目されたのが入試コーディネーターだ。

医学部教授の夫をもつハン・ソジンは、娘のイェソをソウル大学医学部に入学させるべく、カリスマ入試コーディネーターを数億ウォン(数千万円)払って雇う。この入試コーディネーター、キム・ジュヨンがコーディネートするのは勉強だけではない。イェソの交友関係や、ボランティア活動、学校の生徒会選挙まで一見入試に関係しない部分までプロデュースする。

さて、このドラマで注目された入試コーディネーターだが、こんな職業は実際に存在するのか? そうした視聴者の疑問に対して地上波放送局SBSでは、スペシャル番組として入試コーディネーターは本当に存在するのか、1か月にわたって調査した番組を放送した。ドラマでは入試コーディネーターという肩書きで描かれていたが、実際には存在するのは「メンター」と呼ばれるアドバイザーだ。番組内に登場する父母らのインタビューでは「できるものなら雇用したい」と口をそろえて言っている。

KBSニュースでもこのメンターを取り上げ、入試情報会社では1回の相談だけで料金が数十万ウォン(数万円)と報じた。この会社では受験を控えた子をもつ親を対象に説明会を開催している。実際に現在メンターをしているという人物へのインタビューによると、オンライン上や電話でのサポートは1回高くて29万9千ウォン(約3万円)。実際に対面でのサポートではさらに高額になるという。


実在のする"入試コーディネーター"について報じる韓国KBSニュース KBS News / YouTube

ニュース速報

ビジネス

独取引所、DAX銘柄からワイヤーカード除外へ 新ル

ビジネス

S&P終値ベースで過去最高値に迫る、ハイテク株に買

ビジネス

ドル下落、コロナ追加対策協議の停滞で 対円では上昇

ビジネス

失業給付増額、職探し抑止の痕跡なし=サンフランシス

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 2

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 3

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

  • 4

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 5

    新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

  • 6

    『ゴースト・オブ・ツシマ』でサムライ映画の世界を…

  • 7

    中国、輸入冷凍食品の包装に新型コロナウイルス 一…

  • 8

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 9

    スウェーデンは本当に「集団免疫」を獲得したのか …

  • 10

    アメリカは長崎に2つ目の原爆を落とす必要があったの…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

  • 9

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 10

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月