最新記事
ポップカルチャー

顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

Madonna's Daughter Lourdes, 27, Looks Just Like Her Mom in New Glam Photos

2024年6月15日(土)20時34分
ミシェル・マクガハン
マドンナの娘が「マドンナ・ルック」を披露

ローデス・レオン @lourdesleon-Instagram

<年齢を重ねるごとに、母親であるマドンナがポップカルチャーに与えた重要な役割について理解できるようになってきたとローデス・レオンは語る>

マドンナの娘でモデルや歌手として活動するローデス・レオン(27)が、ニューヨークで開かれたイベントのレッドカーペットに登場。胸を強調したヒョウ柄ミニスカのボディコンドレスという、若かりし頃の母親にそっくりな「マドンナ・ルック」を披露して話題をさらった。

■【写真】ミニスカのボディコンドレス、際どい谷間を強調...マドンナの娘、「かつてのマドンナ」そっくりの姿を披露

マドンナの6人の子供の長女であるローデスは、6月12日に開催されたMACビバグラム・ビリオンダラー・ボールのレッドカーペットに登場。ポップアイコンである母親似の顔だけでなく、80年代のマドンナを彷彿とさせるファッションを披露した。

ローデスはヒョウ柄のボディコンシャスなドレスに、宗教的なロザリオを思わせる存在感のあるネックレスを合わせた(非常にマドンナ的だ)。メイクは、赤のリップをブラウンのラインで強調した以外は、シンプルでエレガントにまとめている。

マドンナには、カルロス・レオンとの間に生まれたローデス、ガイ・リッチーとの間の息子ロッコ(23)、息子デヴィッド・バンダ(18)、娘マーシー(18)、双子のステラとエステア(11)という6人の子供がいる。

母マドンナの服を勝手に拝借する娘ローデス

ローデスが「マドンナ・ルック」でレッドカーペットを歩いたのは驚くことではないかもしれない。彼女は、長年にわたって母親の服を借りていると公言しており、マドンナはワードローブに鍵をかけざるを得なくなったという。

ローデスは2021年、Interview誌に対し「母が不在のときは、(ワードローブの)鍵は固く閉められている。私は、自分が使ってもいいと思うものは何でも持ち出してしまうから」と述べている。

マドンナがポップカルチャーに与えた影響についても、ローデスは母の音楽だけでなく、彼女の仕事に対する姿勢も理解するようになったと明かした。

「母の音楽に対する私の経験は、年を重ねるにつれて大きく変化した。この女性がどれだけ影響力があり、素晴らしく、他の女性たちに力を与え、常に時代を先取りしてきたかがわかるようになったからだ」とローデスは述べている。

「エンパワーメントの重要性と、女性であることの意味を認識して初めて、そのことを完全に理解した。彼女はおそらく私が知る中で一番のハードワーカーだ」

20240730issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年7月30日号(7月23日発売)は「トランプ暗殺未遂」特集。前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

景気判断「足踏みみられるが緩やかに回復」で据え置き

ワールド

中印など4カ国、気候変動対策で先進国のリーダーシッ

ワールド

オバマ元大統領、ハリス氏支持表明へ 民主党大統領候

ビジネス

中国の大手国有銀行、預金金利引き下げ 利下げ受け
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中