最新記事
セレブ

すっぴん写真を娘が公開...キム・カーダシアンの「無加工」姿が話題の的に

2024年1月30日(火)21時30分
千歳香奈子
キム・カーダシアン

キム・カーダシアン(2018年11月、ロサンゼルス) Tinseltown-Shutterstock

<ノース・ウェストが母キムとの共同TikTokアカウントに「素顔」写真を投稿。普段のメイクをした華やかな姿とのギャップがネットユーザーを驚かせているが...>

キム・カーダシアンの娘ノース・ウェストが、TikTokでフィルター加工なしのキムの「素顔」を投稿し、「怖い」とネットユーザーたちをざわつかせた。

【画像】【動画】娘ノースが公開したキム・カーダシアンのすっぴん顔...「怖い」「唇痛そう」との声も

キムと元夫カニエ・ウェストとの間の長女ノースは、2021年11月に「Kim and North」の母娘連名でTikTokのアカウントを開設。2週間で220万人ものフォロワーを獲得し、10歳にして現在1810万人のフォロワー数を誇るTikTokerだ。

13歳以下の子どもの利用を禁止しているため、キムとの共同アカウントになっているが、ノースはさまざまなプライベート画像や動画を投稿している。

美容整形を疑う声が続出

そんなノースは1月17日、「photo dump(フォト・ダンプ=大量の写真をSNSに適当に投稿すること)」のタイトルがついた投稿で、フェイスタイムの通話中とみられる画像でキムのすっぴん顔を公開。口を尖らせ、カメラに向かって目を見開く姿が写っている。

首を傾げて唇を強調するような写真に、「唇が痛そう」「フィラー注入しすぎ」「唇が二重になっているみたい」など美容整形を疑う声が相次ぎ、「キムの恐ろしい写真を見て」とメイクをした華やかな姿とのギャップでファンを驚かせた。

ノースはその数日後にも、泣き笑いの絵文字と共に「なんていい写真なの」とキャプションを添え、口を尖らせたキムと顔を寄せ合うツーショットを投稿。この写真もキムの額にはシワが見られることなどから、ノーメイクのフィルター加工なしだと話題を呼んでいる。

ノーメイク登場は母公認

ノースと言えば過去に、無断で自宅内部を案内するルームツアーを配信し、リビングでくつろいでいたキムを慌てさせたこともある。しかし、最初の投稿に「娘が、私の携帯で作ったもの。ハハハ」とコメントをしていることから、今回は母公認での投稿だったようだ。

キムは娘が投稿した自身の素顔が批判されていることについて、オンラインマガジンBustleで、「誰が気にするの?」と反論している。

「TikTokは私の携帯でしか使えないので、写真はほとんどが私の携帯で撮ったもの。私の許可なく何かを投稿することはできない。でも、気にする人いるの?って時々思う」とキム。ノースは早朝からTikTokやソーシャルメディアをするのが大好きで、時には夜遅くにすることもあると話し、「"お母さん、やろうよ"と言われた時に、わざわざメイクをしたいからとその機会を奪うようなことをするのは、馬鹿げている」と話し、ノーメイクで登場する理由を語っている。

レディース シースルーランジェリー【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

鈴木財務相「財政圧迫する可能性」、市場動向注視と日

ワールド

UCLAの親パレスチナ派襲撃事件で初の逮捕者、18

ワールド

パプアニューギニアで大規模な地すべり、300人以上

ワールド

米、ウクライナに2.75億ドル追加軍事支援 「ハイ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 2

    批判浴びる「女子バスケ界の新星」を激励...ケイトリン・クラークを自身と重ねるレブロン「自分もその道を歩いた」

  • 3

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイジェリアの少年」...経験した偏見と苦難、そして現在の夢

  • 4

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 5

    なぜ? 大胆なマタニティルックを次々披露するヘイリ…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    これ以上の「動員」は無理か...プーチン大統領、「現…

  • 8

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 9

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシ…

  • 10

    台湾の電車内で、男が「ナイフを振り回す」衝撃映像.…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 6

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 7

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 8

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中