最新記事
映画俳優

「傑作」「曲もいい」素っ裸でごみ収集する『ラ・ラ・ランド』主演女優の衝撃ビデオに絶賛相次ぐ

2023年12月6日(水)16時00分
千歳香奈子
エマ・ストーン

エマ・ストーン(2017年6月、ロサンゼルス) Featureflash Photo Agency-Shutterstock

<清純派のイメージが強いエマ・ストーンが、長寿番組『サタデー・ナイト・ライブ』でミュージカルに挑戦。汚れたニューヨークの街を全裸でごみ収集する姿が視聴者を驚愕させている>

2016年に公開された映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主演女優賞に輝いた若手実力派女優エマ・ストーンが、毎週土曜日の深夜に放送されている米国の長寿番組『サタデー・ナイト・ライブ(SNL)』に全裸で登場し、視聴者に衝撃を与えた。

【動画】全裸でごみ収集しながら熱唱し、自己陶酔するエマ・ストーン...「曲もいい」「だからエマが好き」と絶賛相次ぐ

超大物ゲストによるコントとライブパフォーマンスで人気のSNLの12月2日放送回でホストを務めたエマは、冒頭でコメディアンのボーウェン・ヤンと共に「Fully Naked In New York City(ニューヨークの街で全裸)」と題したミュージカルに挑戦。

 

文字通りマンハッタンを舞台に全裸で歌いながら、ゴミが散乱するニューヨーク市の不衛生な状況を嘲笑する3分半弱の映像に出演し、そのバカバカしさと相反する完成度の高さが大絶賛されている。

視聴者の度肝を抜く清純派オスカー女優の全裸

映像は、夜のアパートの一室でボーウェンが「ベッドから抜け出せない時もある」と歌うシーンから始まり、続いて別の部屋にいるエマが「世界はとても冷たくて暗く、過去が頭から消えない」と熱唱。孤独を感じ、どうにもできないと嘆く2人の歌声が、「自分を励ます方法はたった一つだけ」と重なった瞬間、画面が切り替わって全裸のエマとボーウェンが登場する。

ごみ収集車の荷台につかまり立ちする2人が、「ニューヨークのど真ん中を走るゴミ収集車の後ろに全裸でつかまる、午前11時」と笑顔で歌い、手袋をはめてゴミを回収し、窓拭きの作業員に手を振る。その後も足を広げて桁橋に座りながらサンドイッチを食べるエマの姿なども登場する。

映像はモザイク処理が施されており、大事な部分はもちろん映っていないが、一目で全裸と分かるだけに度肝を抜かされた視聴者も多かった。

「ブロードウェイで上演すべき」など絶賛の嵐

清純派のイメージが強いオスカー女優が、「こんなに自由を感じられることはない。私の白い大きな尻が自由になびいている」と歌って自己陶酔する姿に、ネットは大熱狂。「非常にバカバカしいけど、とても良くできた傑作。最高に面白い」「だからエマが好き。ブロードウェイでミュージカル化して上演すべき」「曲も良いし、ビデオも十分ミュージカルとして通用する」と、絶賛コメントが多く寄せられている。

「何度も視聴した」「歌が頭から離れない」「Spotifyでこの曲を配信してほしい」と歌にハマるファンも続出で、ビルボードのクリスマス・ソング・チャート入りすべきとの声まである。

レディース シースルーランジェリー【アマゾンでお買い得】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:海路で遭難する移民、ハイテク技術が命を救

ワールド

アングル:シンガポールのAI活用、焦点は日常生活の

ビジネス

アングル:中国「就職戦線」やや正常化、賃金は伸びず

ビジネス

フィッチ、米格付けを「AA+」に据え置き 24年は
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 2

    ロシアの新兵器?UFO? ウクライナの戦場の上空に浮かぶ「謎の円盤」を、偵察ドローンが発見...映像を公開

  • 3

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライナでの「大失態」でロシアが調達キャンセルの情報

  • 4

    英王族にプライベートは許されない? 「ドタキャン」…

  • 5

    独占インタビュー:師弟関係にあった佐渡裕が語る、…

  • 6

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 7

    バイオリンの巨匠、パールマンが語る小澤征爾との「…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    NATO加盟を断念すれば領土はウクライナに返す──ロシ…

  • 10

    ロシア軍「Mi8ヘリコプター」にウクライナ軍HIMARSが…

  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    アウディーイウカ近郊の「地雷原」に突っ込んだロシア装甲車2台...同時に地雷を踏んだ瞬間をウクライナが公開

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 9

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の…

  • 10

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒー…

  • 1

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    「こうした映像は史上初」 火炎放射器を搭載したウク…

  • 10

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中