最新記事
歌手

大丈夫? 見えてない? テイラー・スウィフトのライブ衣装、きわどすぎて観客を心配させる

Taylor Swift's Racy Tour Outfit Sparks Debate After Near Fashion Malfunction

2023年3月24日(金)20時26分
ローラ・ドナルドソン
テイラー・スウィフト

テイラー・スウィフト(2019年3月) Kathy Hutchins-Shutterstock

<片脚を完全に出したデザインのキャットスーツで、スウィフトがのけぞる姿を捉えた動画がネット上に出回る>

待望のツアーを開始した米人気歌手のテイラー・スウィフトだが、彼女がステージ上で披露した「きわどすぎる」キャットスーツが、ファンたちの間で注目を集めている。あまりにギリギリのデザインの衣装で激しく踊っているため、見えてはいけない部分が見えてしまいそうだと、ハラハラするというのだ。

■【動画】大丈夫? 見えてない? 心配になるほど際どい衣装で踊るテイラー・スウィフト

「アンチ・ヒーロー」の大ヒットで知られるスウィフトは、3月17日からファン待望の最新ツアー「THE ERAS TOUR」をスタートさせた。チケットを獲得することができた幸運なファンは、2006年以降にリリースされた10枚のアルバムの中から選ばれたヒット曲のパフォーマンスを楽しむことができる。この中には、2022年10月にリリースされた最新アルバム「ミッドナイツ」の収録曲も含まれる。

話題になっているのは、ツアー2日目の夜、あるファンがヒット曲「ルック・ホワット・ユー・メイド・ミー・ドゥ」のパフォーマンスを撮影した動画だ。この中でスウィフトは、片方の腕と足を露出した黒のキャットスーツを身に着けている。右腕から右足にかけて、複雑に入り組んだヘビの柄が特徴的な衣装だ。

動画には、スウィフトがステージに両ひざをつき、脚を広げて体をのけぞらせる場面も映っている。きわどい衣裳のため、危うく「服の中」が見えてしまいそうに思えるが、もちろん衣裳の下に下着か何かを身に着けていたはずだ。

この動画が「彼女は一か八かの勝負に出た」という説明を添えてツイッター上に投稿されると、スウィフトのファンの間で大きな議論が巻き起こった。

「みんな落ち着け」といさめる声も

あるファンは「彼女はあのスーツをよほど信用しているんだね」とコメントし、泣き顔の絵文字を2つ添えた。

別のファンは、「きっと肌の色と同じ分厚いストッキングを履いているから、大事な部分が見えてしまうようなことはあり得ないんだと思う。そうでなければ、あんなスーツを信じられるはずがない」と書き込んだ。

ターン・ガンジー(@tawn.gurnsey)というユーザーが最初に動画を投稿したTikTok上でも、動画をめぐってさまざまな声が上がった。

動画を見たある人物は、「あの子はあのボディスーツをものすごく信じているんだね」と冗談めかしてコメント。別の人物は「セラピストに言ったの。テイラーがこのボディスーツを信じているのと同じぐらい、私も人を信じられるようになりたいって」と書き込んだ。

また別のファンは、ボディスーツに対するさまざまな反応を一蹴。「衣裳の早替えがあるから、彼女はタイツを履いているし、下着もつけているはずだ。みんな落ち着こう」とコメントした。同様に別のファンも、「彼女はタイツを履いているよ」と投稿した。

つい先日は、スウィフトのコンサート会場で働く警備員が踊っている様子を捉えた動画がTikTok上で拡散され、220万回視聴された。

この動画を投稿したジェフ・スキビスキ(@skibiscuit)は、「この週末、この警備員ほどよく働いた人はいなかった」というテキストを動画に貼りつけた。動画にはアリゾナ州グレンデールにあるステートファーム・スタジアムで働いていた警備員が、スウィフトの「ブランク・スペース」の歌詞を口ずさみ、両手を挙げて踊っている様子が映っていた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

トランプ氏、演説で民主党あざける 暗殺未遂後には習

ワールド

イスラエル軍、イエメンのフーシ派拠点空爆 テルアビ

ビジネス

決算本格化へ、23日はテスラとアルファベット=今週

ワールド

アングル:気候変動と農地拡大、アマゾン地域に迫る「
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開
  • 4
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 5
    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…
  • 6
    メーガン妃の「狂気的なオーラ」が注目を集める...そ…
  • 7
    ロシア防空ミサイルが「ドローン迎撃」に失敗...直後…
  • 8
    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…
  • 9
    世界で最も美しいAIが決定...初代「ミスAI」はモロッ…
  • 10
    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 5
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 6
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 7
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 8
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 9
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 10
    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    ルイ王子の「お行儀の悪さ」の原因は「砂糖」だった.…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中