最新記事

映画

監督が明かす『ラーゲリより愛を込めて』制作秘話 シベリア抑留者たちの息遣いを探して

ORDEAL IN SIBERIA

2022年12月8日(木)19時15分
瀬々敬久(映画監督)

主演の二宮和也 ©2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ©1989 清水香子

<ソ連の写真は役に立たなかった、収容所によって厳しさは千差万別だった、山本幡男さんの妻モジミさんは「チャーミングなお母さん」に変更した......。12月9日公開作の瀬々敬久監督が特別寄稿>

原作の『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』(辺見じゅん著)をプロデューサーから手渡されたのが2019年の1月頃だった。第2次大戦後のシベリアの強制労働収容所が舞台となる映画を作ることになった。

1960年生まれの僕にとって、その記憶が子供の頃にはまだあった。毎年、夏になれば戦没者の遺骨収集が話題になり、特にシベリアの収容所で亡くなった人たちの遺骨については毎年のようにニュースに取り上げられていた。

二葉百合子の歌う「岸壁の母」がヒットしたのは1972年、僕は12歳。テレビから流れてくるこの歌をよく覚えている。

■【写真】『ラーゲリより愛を込めて』二宮和也演じるシベリア抑留者・山本幡男/映画の予告編映像

考えてみたら、映画の主人公である山本幡男(はたお)さんの仲間たちが最後に戻ってきた引き揚げ船、興安丸が舞鶴に到着したのは1956年、僕が生まれるわずか4年前のことだ。

戦後は決して終わってなんかなく、ここまで長く戦争の苦しみを被っていた人々がいた事実に驚いた。

magSR20221208ordealinsiberia-2.jpg

瀬々敬久監督 ©2022映画「ラーゲリより愛を込めて」製作委員会 ©1989 清水香子

そうして脚本づくりに入り、映画制作の具体的な準備が始まる。映画というものは「絵にしてなんぼ」で、今回は写真資料などを参考に収容所を作ったり、労働を再現したりしなければならない。

ところがその資料がほとんどなかった。ソ連から出されている写真はどれも清潔で快適な収容所の様子が映ったもの。先方に都合の良い写真しかない。

よって僕らが参考にしたのは、帰還した方々が記憶で描いた絵や文章だった。特に山下静夫さんの画文集『シベリア抑留1450日』は繊細で写実的なタッチで描かれたペン画で、「記憶のフィルムを再現する」と副題にあるように、あらゆる面で正確であり、なおかつ、その場面の臨場感が素晴らしかった。

助監督らの演出部は生き残っておられる抑留者の方々に取材に行った。それらのレポートを読んで感じたのは収容所によって労働や居住環境、その厳しさは千差万別ということだった。

収容所から出て、町で買い物をして戻ってくることが許される人もいれば、地獄の思いをした人もいる。そして時代の流れの中でも大きく変遷する。一概にシベリア抑留を一般化できないということに気付かされた。

そこに収容された人々もさまざまである。軍人だけでなく一般人もいた。樺太近辺で終戦後も漁をし続けていた漁師たちは、領海侵犯でソ連に捕らえられる。スパイの罪状で収容所送り、それらの例も多く見られた。映画の中でも主要人物として描かれる。

もちろん、根っからの軍人のほうが多い。女性だけの収容者のチームが歩いて移送されていくのを見たと言う証言もあった。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府内の監視カメラ、調達手続き明確化 リスク対応は

ビジネス

日産の4─12月期は営業益51%増、値上げ寄与 通

ワールド

ロシア軍事会社「ワグネル」、受刑者の採用中止

ビジネス

資産所得倍増、資本逃避・円安助長とは一概に言えず=

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 4

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 5

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 10

    性的暴行犯、裁判で「性自認は女性」と訴え女子刑務…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月