最新記事

映画

「疲れただけだよね...」 『ライオンキング』の悲劇シーンを見守る少女が切なすぎる

Little Girl's Reaction to Tragic Scene in 'Lion King' Has Viewers in Tears

2022年10月2日(日)13時22分
ジャック・ペレスフォード

Fabian Gysel-iStock

<主人公シンバの父ムファサが死んでしまうシーンを見た少女が、目に涙をためてしょんぼりする姿に共感が広がる>

ディズニー映画『ライオン・キング』は、ライオンの王の息子として生まれたシンバの成長物語だが、父ムファサが悲劇的な死を遂げるシーンは前半の重要シーン。その悲しい場面を見守る幼い女の子が、大きなショックを受ける様子を捉えた動画がインターネット上で拡散され、動画を見た人々の涙を誘っている。

■【動画】『ライオン・キング』を見ながら「疲れただけだよね...」と目に涙をためる少女

動画の中で『ライオン・キング』を見ているのは、2歳のローリー・サンフォード。シンバの父でライオンの王であるムファサが、弟スカーの策略によって死亡するシーンを見た時の彼女の反応を、父親のジョシュアが撮影していた。

ローリーの母親クリスティンがTikTok上で共有したこの動画は、ムファサがヌーの大群からシンバを助け出した後、スカーによって崖から転落させられたシーンを見ているローリーの感情の動きを捉えている。

動画の終盤には、シンバが息絶えた父親を見つけるシーンを見て目に涙をため、しょんぼりしたローリーが映っている。

目の前で起きたことを信じたくない気持ちから、ローリーは父親に「シンバは彼を助けているの」と言う。そしてムファサが再び目を覚ますことを願って、「彼は疲れているのよ」と繰り返す。

動画は、ジョシュアが今にも泣き出しそうなローリーの元に歩み寄っていくところで終わる。幼いディズニーファンなら誰もが経験する、いわば「通過儀礼」に直面した娘を慰めるためだろう。

「シンバが彼を助けるよね」

そしてローリーが『ライオン・キング』を見て感情を揺り動かされたように、ソーシャルメディア上でローリーの動画を見た多くの人も、彼女の反応に涙した。ある人物は「このシーンで初めて泣いた」とコメントし、別の人物も「この動画を見て泣いた」と認めた。

あるTikTokユーザーは、シンバがムファサの死骸を見つける直前、ローリーが父親に「シンバが彼を助けるよね」と語りかける言葉を聞いて涙が出たと語った。別の人物は、ローリーの反応を捉えたこの動画は「これまで見た中で、一番破壊力がある動画」だと称した。

母親のクリスティンは本誌に対して、娘が映画に没頭していることに気づき、ジョシュアが撮影しのだと語った。

「2歳の子どもを長時間、映画に集中させておくのは難しい」と彼女は述べ、さらにこう続けた。「だから娘が完全に映画に没頭していることに気づいた夫は、次にどんなシーンが出て来るかが分かっていたから、娘の反応を撮影することにしたの」

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

米民主党、予備選の順番変更協議 皮切り巡りミシガン

ビジネス

アングル:商用軽EV、低価格で仕掛ける中国勢 打ち

ビジネス

サッカーW杯関連株が再び上昇、日本の決勝T進出決定

ワールド

ペルー議会、カスティジョ大統領の弾劾手続き開始 3

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 2

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 3

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距離感が「気持ち悪い」と話題に

  • 4

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 5

    半導体のモンスター企業TSMC、なぜ台湾で生まれ、世…

  • 6

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 7

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 8

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 9

    「ツイッター終了」の未来

  • 10

    「もうどうでもいい」 逆襲ウクライナの「急所」を、…

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月