最新記事

ジョンのレガシー

ジョン・レノンが暗殺の直前に語った家族と反戦とビートルズ【没後40周年特集より】

2020年12月23日(水)11時00分
本誌米国版編集部

――どうして5年も?

ジョン 子供を授かるまでに時間がかかったからね。ずっと息子ショーンのそばにいてやりたかった。最初の息子ジュリアン(母親は前妻シンシア)の成長は見守ってやれなかったからね。今や17歳の男になって、電話でオートバイの話をしているよ。僕は読書家なんだ。主に歴史書や考古学、それに人類学の本を読むんだけど、欧米以外の文化では、子供は2歳になるまで母親の背に負われて育つところもある。ほとんどの学校は監獄みたいなものだ。子供の考えは広く開かれているのに、それを狭めて教室で競争させるなんてばかげている。最初はショーンを幼稚園に入れたが、息子を邪魔者扱いするのは変だと気付いてからは、家に置いて育てた。5歳の息子を世話してあげないと、10代になってからその倍の世話をしなければならなくなる。すごいツケだ。

――ポール・マッカートニーによれば、隠遁生活はあなたの究極の夢だったとか。

ジョン 何のことだかさっぱり分からないね。ポールは僕が何を知っていたか全然知らない。彼と最後にちゃんと話したのは10年も前だから。僕たちは互いのことは何も知らない。2年ぐらい前、彼が突然訪ねてきたときは、こう言ってやった。「おい、先に電話ぐらいしてきたらどうだ。こっちは今日も赤ん坊の世話でくたくたなんだ。よくものんきにギターなんか抱えて、いきなり人の家を訪ねてこれるもんだな!」

――今の典型的な一日は?

ジョン 銀行とか交渉とか、外のやりとりは全てヨーコに任せてある。僕は主夫になった。立場が逆転したコメディアンみたいなものだ。(上品ぶった感じで)「あなた、今日の仕事はどうだった? カクテルでもいかが? スリッパとシャツがまだクリーニングから戻ってきてないの」とか言ってね。世界中の主婦の皆さんのお気持ち、今ではよく分かりますよ! 僕の一日はショーンの食事のことで頭がいっぱい。「ショーンに食事制限をし過ぎているかな?」とかね(レノンとヨーコはこのころマクロビオティックの食生活を続けていて乳製品や酒や肉類を控えていた)。「ヨーコが帰ってきたらビジネスの話をするのかな」とかも(考える)。金には困らない主夫だけど、それでも(何もしないことはなくて)家族へのケアには事欠かないよ。

――ヨーコ、どうしてビジネスを引き継ごうと考えた?

ヨーコ 新しいアルバム(『ダブル・ファンタジー』)に「クリーンアップ・タイム」というジョンの曲があるんだけど、まさに私たちのために作った曲。(ビートルズが所属していたレコード会社の)アップルと、そこの弁護士や経営者とつながっていることで、私たちはお金の面で全然独立していなかった。お金をいくら持っているのかも知らなかった。というか、今も知らない!

私たちが持っているアップルの株を売ろうとしているのだけど、それは私たちのエネルギーをほかの事に注げるようにするため。みんなは株や石油に投資すればとアドバイスしてくれるけど、私たちは正しい行動と思えなかった。投資するのは、私たちが愛しているものじゃないと。例えば牛。インドでは聖なる動物。(複数の)家を買ったのは実用的な理由から。ジョンはダコタハウスでの暮らしに息が詰まりそうになっていたし、ホテル生活も煩わしい。改修を必要としていた歴史のある建物だったので選んだ。

ニュース速報

ビジネス

中国当局、銀行に融資圧縮を指示 投資過熱抑制が狙い

ワールド

台湾独立に向けた動きを阻止、平和的関係目指す=中国

ビジネス

米モデルナ製ワクチン、武田薬が日本での製造販売承認

ビジネス

米上院、コロナ対策法案の審議開始 採決は週末に

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 3

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 4

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 5

    韓国でアストラゼネカ製ワクチン接種者2人が死亡 当…

  • 6

    26歳の僕を圧倒した初ジブリ体験、『風の谷のナウシ…

  • 7

    入院中の英フィリップ殿下、「容体は若干改善」=カミラ…

  • 8

    医学的な意味はゼロ? 外国人に対する中国の「肛門PC…

  • 9

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 10

    日本株投資だけやっている人にとっても、テスラが無…

  • 1

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日本も支援

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチンは余って山積み──イギリスに負けたEUの失敗

  • 4

    インドはどうやって中国軍の「侵入」を撃退したのか

  • 5

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 6

    肉食恐竜が、大型と小型なのはなぜ? 理由が明らかに

  • 7

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 8

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラッ…

  • 9

    北極の氷が溶け、海流循環システムが停止するおそれ…

  • 10

    地球の上層大気で「宇宙ハリケーン」が初めて観測さ…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    台湾産「自由パイナップル」が中国の圧力に勝利、日…

  • 7

    バブルは弾けた

  • 8

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月