最新記事

映画

デマと偏見のはびこるアメリカに、ハチャメチャ男ボラットが放り込まれたら......

The Borat Sequel is a More Serious Moviefilm

2020年11月19日(木)19時00分
サム・アダムズ

ボラットはトランプ政権への貢ぎ物として娘を舞踏会で披露するが COURTESY OF AMAZON STUDIOS

<バロン・コーエンの風刺コメディー続編は現実のアメリカと向き合う本物のドキュメンタリー>

アマゾンプライム・ビデオで配信中の映画『続・ボラット 栄光ナル国家だったカザフスタンのためのアメリカ貢ぎ物計画』の主人公ボラットは、カザフスタンのジャーナリスト。トランプ政権の大物に貢ぎ物を贈るという任務を帯びてアメリカにやって来る。

ところが貢ぎ物にするはずの自分の娘は出て行ってしまい、帰国しても死刑が待っている。自殺しようにも銃を買う金すらなく、彼は近くのシナゴーグ(ユダヤ教会堂)で「銃乱射事件の標的にされるのを待つ」ことにする。

2006年の『ボラット栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』に続き、主演はイギリスのコメディアン、サシャ・バロン・コーエン。前作でもユダヤ人差別がネタにされたが、このシナゴーグのくだりもかなりのブラックジョークだ。

バロン・コーエンは「もの知らずの外国人」のイメージを具現化したボラットというキャラクターを、現実のアメリカ社会に放り込んで作品を作る。彼はニューヨーク・タイムズ紙の取材に対し、前作ではボラットを介して人々の「内側にある偏見を暴き出した」と語っている。

だが今のアメリカでは、偏見を持つことは恥ではないようだ。ドナルド・トランプ米大統領やその支持者がメディアによる陰謀論を唱えたり「グローバルなエリート」にかみつく際には、反ユダヤ感情が見え隠れする。ネットにはびこるQAnon(Qアノン)の陰謀論の根底にも、いわゆる「血の中傷」(ユダヤ人は祭儀のためにキリスト教徒を殺すという、事実無根だが昔からある主張)がある。

ボラットは新型コロナ禍で外出禁止となったワシントン州の町で、そうした陰謀論を信じる男たちの家に厄介になる。彼らはビル・クリントン元大統領夫妻が子供を怯えさせ、「アドレナリンの分泌液」を抜き取って摂取していると語る。

今作は凝り固まった偏見を暴き出すよりも、偏見に対する「普通の人々」の無関心さに光を当てる。例えばケーキ店でボラットが、チョコレートケーキの上に反ユダヤ的なメッセージ(とニコニコマーク)を書くよう頼む場面。店の人は親切で、ニコニコマークをいくつも書いてくれる。

差別感情をどう描くか

差別意識を形にして見せるバロン・コーエンの手法に対し、あらゆる差別的偏見との闘いを掲げるユダヤ系団体の名誉毀損防止連盟(ADL)などからは、効果は期待できず、無責任だとの批判も聞かれる。自らもユダヤ人で、食事や安息日の戒律を守って暮らしているというバロン・コーエンも、そうした批判は重々承知している。

ニュース速報

ビジネス

年末に向け企業の資金繰りが逼迫する可能性=麻生金融

ビジネス

バイデン氏、米CEA委員長にラウズ氏指名 30日に

ワールド

GoToトラベル、東京都の照会には適切対応 除外判

ワールド

英イングランドのコロナ感染30%減、厳格な制限導入

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、バイデンのリードが拡大に

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

  • 4

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 5

    中国メディア「コロナ起源は輸入冷凍食品」 西側は反論

  • 6

    【写真特集】いつかこの目で見たい、大自然が作った…

  • 7

    【香港人の今3】「中国製でないほうが、品質がよくて…

  • 8

    インドで「光るキノコ」の新種が見つかる......地元…

  • 9

    中国TPP参加表明の本気度――中国側を単独取材

  • 10

    習近平、人民解放軍に戦勝を指示「死も恐れるな」

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 6

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月