最新記事

映画

『オフィシャル・シークレット』イラク戦争直前に米英の嘘をリークした元諜報機関員が語る「真実」

A Timely Whistleblower Story

2020年8月28日(金)17時30分
サミュエル・スペンサー

NICK WALL (c) OFFICIAL SECRETS HOLDINGS, LLC

<少々異なる点もあるが、「残念ながらかなり近い」と当の記者が語る『オフィシャル・シークレット』。告発の行方は>

アメリカの現職大統領が自分の政治的利益のために他国の政府に圧力をかけたとされ、弾劾裁判が行われた今にふさわしい映画かもしれない。

舞台は2003年。イラク戦争開戦の直前に、イギリスの諜報機関である政府通信本部(GCHQ)で通訳として働いていたキャサリン・ガン(キーラ・ナイトレイ)が、機密情報をマスコミにリークした。

それは、イラク侵攻に有利な国連安保理決議を引き出すために、米国家安全保障局(NSA)がGCHQに対し、違法な工作活動を要請するメールだった。英オブザーバー紙は記者のマーティン・ブライト(マット・スミス)を中心に、1面でこのスクープを報じた。

GCHQ内で情報漏洩の調査が始まり、同僚たちが厳しい取り調べを受けたため、ガンは自分が内部告発者だと名乗り出た。彼女は逮捕され、公務機密保護法違反で起訴された。

彼女の弁護士ベン・エマーソン(レイフ・ファインズ)は政府に対し、法務長官がイラク戦争を合法とした見解について法廷で追及すると迫った。裁判は開廷したものの、起訴は突然、取り下げられた。

『オフィシャル・シークレット』は基本的に事実をなぞっているが、実話を基にした他の映画と同様、いくつか脚色がある。事実と創作を区別するためにも、ガンとブライト本人、そしてギャビン・フッド監督に話を聞いた。

フェイクニュース攻撃

【以下、ネタバレあり】

「言うまでもなく、1年に及んだ出来事を2時間に圧縮している。そのためにインパクトのある場面をいくつか選んだ」と、フッドは語る。

映画の中でガンが経験する出来事の多くは、実際よりも時間を圧縮して描かれている。例えば、ガンがトルコ出身の夫を移民収容施設から連れ出そうと奔走するシーンは、現実には3日間、夫がどこにいるのか分からなかった。

「強制送還のような攻撃は、後々まで私のストレスレベルを跳ね上げた」と、ガンは言う。ただし、自分がメールを印刷したメモが新聞の1面に掲載されたときに感じた不安とは、比べものにならない。「あのメモは、私の人生にとって最大のストレスだった」

ガンと実際に話をして、映画の最後に登場する当時の映像を見ると、ナイトレイが彼女の外見や話し方をまねしていないことは明らかだ。

「髪をブロンドにするか、眼鏡を掛けるか、特殊メークを使うか検討した」と、フッドは振り返る。「でも、あるときキーラが言ったんだ......今回は飾らない、メークも流行のおしゃれもないキーラ・ナイトレイで臨みたい。私のデスクにあのメールが届いたら、私はどう思うだろうか......と」

【関連記事】イラク戦争はどうアメリカを弱らせたか
【関連記事】戦争映画『ハート・ロッカー』の幻想

ニュース速報

ワールド

ブラジル、1年以内にOECD加盟へ=経済相

ワールド

豪小売売上高、9月暫定値は前月比1.5%減 NSW

ワールド

米政権と民主党、コロナ追加対策で合意に近づく 大統

ビジネス

島忠へのTOB、計画通り進める=DCM

MAGAZINE

特集:日本人が知らないワクチン戦争

2020-10・27号(10/20発売)

全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

人気ランキング

  • 1

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会議研究者たち

  • 2

    グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

  • 3

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 4

    新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

  • 5

    落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    ウイグル人根絶やし計画を進める中国と我ら共犯者

  • 8

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 9

    ドイツも過去最大の新感染者数 マスク着用促す広告…

  • 10

    見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

  • 1

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 2

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

  • 3

    アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

  • 4

    在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

  • 5

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

  • 6

    トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

  • 7

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 8

    トランプが台湾に売った対中兵器の中身

  • 9

    韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

  • 10

    千人計画で「流出」する日本人研究者、彼らはなぜ中…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 4

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 10

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月