最新記事

人生を変えた55冊

NEWS・加藤シゲアキが愛する『ライ麦畑』と希望をもらった『火花』

2020年8月6日(木)12時15分
加藤シゲアキ(タレント、作家)

「臭い」なかでの心地よさ

次は全く系統が違うのですが、内田樹さんの『寝ながら学べる構造主義』。哲学書っていうのかな。寝ながら学べるっていうくらいなので非常に分かりやすい構造主義の入門書です。僕は哲学や思想にすごく詳しいわけではないですが、そこと文学は切り離せない。やはり構造主義を理解しておくと、いろんな物や人のことを理解できると思った。


『寝ながら学べる構造主義』
 内田樹[著]
 文藝春秋

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

小説を読む理由も結局、他者を理解することだと思うんです。それで最終的には優しさとか思いやりとか、言葉にすると照れるようなことかもしれないが、そういうものを得られる。構造主義を知るのもまさにそういうことかな、とこの本を読んで感じた。

構造主義がどこから来ていて、何が自分と他者の違いを生んでいるのかを文化人類学的な視点などから分かりやすく書いている。自分たちが当たり前と思っている思考方法が、構造主義という近年の考え方だということも、僕には目からうろこだった。そこからまた別の思想や哲学にも広がっていくので、入り口としてこの本を読めてよかった。

4冊目は川上未映子さんの『ヘヴン』。川上さんは独特な文体で、女性的な目線が強い作家だと思うのですが、『ヘヴン』ではそのあたりは封印している。斜視の中学生のいじめの話で、いじめる者といじめられる者がいる。ちょっと構造主義的なところもあり、ニーチェっぽかったりもする。


『ヘヴン』
 川上未映子[著]
 講談社

(※画像をクリックするとアマゾンに飛びます)

読んだときはまあまあ面白いと思ったけど、すごく評価されていることには付いていけなかった。でも結果的に、読み直すことが非常に多い。結局、好きなんですよ。でもその好きとか、良さがうまく言葉にできない。

子供たちを描いているので文体は分かりやすいのですが、内側では不条理なものだったり、善と悪が混然とするような奇妙さがうごめいている。読者としては楽しんで読むけど、「そんな自分はどうなんだろう」とも考えてしまう。

時間がたてばたつほど好きになっていく。そういう本はいくつかあるが、小説を書いていて、「あれ、なんだっけな」と手に取る確率が高いのは『ヘヴン』。読んだ当時はそうでもなかったが、今になって人に薦めるし、定期的にページを開く本なんですよね。

今回選んだ本はどれも、何度か読み直す本。それは自分が本当に好きなものなんだろうな、と思うからです。

【関連記事】太田光を変えた5冊──藤村、太宰からヴォネガットまで「笑い」の原点に哲学あり

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

〔情報BOX〕ジョンソン英首相の後任候補の顔ぶれ

ワールド

ウクライナ東部でロ軍砲撃、アパート郡など被害 少な

ワールド

ウクライナ大統領、ジョンソン氏の支援に謝意 辞任表

ビジネス

仏経済問題、政府債務負担増では対応できず=中銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界のエリートが学ぶ「権力」の授業

2022年7月12日号(7/ 5発売)

他人を動かす「パワー」は権力者の専有物でない。ハーバード大学MBAの人気講義で学ぶそのメカニズム

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】アルパカとキスしようとした女性、至近距離で唾をくらう

  • 2

    ルイ王子のやんちゃな1日、再生1800万回の大ヒット

  • 3

    生魚の寄生虫アニサキス、古今東西の日本に見る予防対策

  • 4

    【動画】女王を食ったあの日のルイ王子を一気見

  • 5

    アメリカ国民の4人に1人が不買運動を実施中 ショッ…

  • 6

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 7

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 8

    知りたくなかった......イルカはどうやって仲間を見…

  • 9

    【映像】キプロスのタランチュラ、スーツケースに紛…

  • 10

    BTSの「活動休止」は韓国若年層の悲鳴

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 6

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 7

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 8

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 9

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 10

    【映像】多分使わないナイフを運んでいく「強盗ガニ」

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月