最新記事

ステイホーム

新型コロナの感染封じ込めた韓国 楽しみながらステイホームしたアイディアとは

2020年5月6日(水)19時00分
ウォリックあずみ(映画配給コーディネイター)

世界的に話題となっているタルゴナコーヒー。作るためには材料の他に体力が必要だ。

<ひと足早く新型コロナ対策の制限解除となった韓国は、どんな工夫でステイホームを乗り切った?>

リモート飲み会、Netflix party、Zoom用壁紙、働く人に感謝の気持ちを込めた絵やメッセージ等を窓に張る窓際美術館......。今回の新型コロナウイルスによる世界的な外出自粛で様々なブームが生み出されている。

特にSATY HOMEの呼びかけが始まると、世界中から家で一人、もしくはリモートで楽しめるユニークなアイディアが誕生し、それがSNSなどを通じてどんどん世界に拡散されている。

そんななか、お隣りの韓国から誕生した大ヒットブームといえば、ダルゴナコーヒーと呼ばれる飲み物だろう。

ダルゴナコーヒーとは、外出自粛に家で時間をもて余した人たちが考え出した、美味しく時間つぶしができるコーヒーのアレンジレシピだ。まるでカフェメニューにありそうなビジュアルの可愛さも相まって、写真や動画がSNSで拡散されると、瞬く間に世界で大流行し始めた。

英語でも韓国語そのままのDalgona Coffeeという発音で呼ばれ、スウェーデンのあるカフェでは「Dalgona」の名前でメニューになったほどだ。

3つの材料を400回混ぜる

作り方は簡単だ。材料はたった4つ「水(もしくはぬるま湯)+砂糖+インスタントコーヒーの粉、そして牛乳」だけでできる。まず牛乳以外の材料を1:1:1の割合で容器に入れてホイップクリーム状態になるまで400回ほどまぜる。最後にコップに入れた牛乳に浮かべれば、おしゃれなお店で出てきそうなコーヒーが出来上がる。

ソウルの街を歩けば、カフェの多さに驚く日本人は多い。韓国人はカフェ好きで、またお茶よりもコーヒーの方が飲まれているのではないかと思うほど、珈琲党が多い国だ。コロナのせいで外出できないなか、カフェ好きの韓国人たちはこういった「おうちカフェ」をして楽しんでいる。

ダルゴナ(달고나 )とは、日本でも昔懐かしいカラメル焼のお菓子のことを指す。ダルゴナコーヒーのブームと共に、ソウル牛乳は「ダルコナ味の牛乳」を早速発売開始した。また、食品会社ノンシンからは、ベビースターラーメンを固めたようなチョルビョンというお菓子のダルゴナ味が発売され話題となった。何事もフットワークの軽さが韓国の特徴だ。

ニュース速報

ワールド

米FCC、中国ZTEの安全保障上の脅威認定を再確認

ビジネス

焦点:ダウ史上初の3万ドル突破、投資家からは冷静な

ワールド

新型コロナの「回復者血漿療法」、効果薄い=臨床試験

ビジネス

米ギャップ、第3四半期は32%減益 時間外で株価下

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 2

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬りまくり

  • 3

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天皇皇后両陛下への「お辞儀」の真実

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    劇場版『鬼滅の刃』は慌てて観るには値しない

  • 6

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 7

    トランプはなぜあれほど強かったのか──経済政策でも…

  • 8

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 9

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 10

    IQじゃない。習い事で伸ばすべきは「非認知能力」

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 6

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 7

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 8

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 9

    医学部で人生初の解剖、人体が教科書通りでないこと…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月