最新記事

映画

『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』撮影現場で見た監督のこだわり

2019年6月7日(金)17時00分
イソガイマサト

ゴジラが南極で目覚めたキングギドラを迎え撃つ。ハリウッド大作で、この2大人気怪獣が激突する日が来るとは!? そのバトルは想像以上に凄まじい。 ©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

penGodzilla_cover200.jpg<世界同時公開されたハリウッド版ゴジラの最新作。モスラ、ラドン、キングギドラの人気怪獣たちがハリウッド・デビューを果たした超大作だ。一昨年、アトランタのスタジオに潜入し、出演する渡辺謙やチャン・ツィイー、ドハティ監督に話を聞いた>

(※この記事はPen+(ペン・プラス)『完全保存版 ゴジラ、再び。』より)

2014年に世界中で大ヒットしたハリウッド版『GODZILLA ゴジラ』、17年に大反響を巻き起こした『キングコング:髑髏島の巨神』に続く、"モンスター・バース"シリーズの待望の最新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』が日本に上陸!

神話の怪獣が次々に目覚め、壮絶なバトルを繰り広げる。

舞台はゴジラがムートーと大格闘を繰り広げ、サンフランシスコが壊滅した前作の5年後。ゴジラの抹殺に向けて動き出すアメリカ政府に対し、芹沢博士を始めとする未確認生物特務機関・モナークの幹部は「ゴジラは人類の味方だから、保護すべきだ」と訴えるが、モナークが秘密裏に怪獣の調査を進めていたこともあり、その対立の構図が崩れることはなかった。

同じころ、中国奥地のモナークの施設をテロリスト集団が襲撃し、純古生物学者エマ・ラッセルとその娘マディソンを拉致。エマが開発した、とあるテクノロジー「オルカ」も強奪する。芹沢はその事実を、いまは動物学者としてコロラドの大自然でひとり暮らすモナークの元幹部でもあるエマの別れた夫マークに報告。実は5年前のサンフランシスコの事件でラッセル家は幼い息子を失い、それをきっかけに怪獣に肯定的なエマと否定的なマークは離婚したのだが、マークは愛娘の救出のためにモナークに帰還する。

だが、やがてモナークの南極基地で、キングギドラが覚醒。メキシコの火山で眠っていた翼獣ラドンも復活し、中国のモナークの施設では監視されていたモスラがサナギから美しい成虫になって大空にはばたく。さらに世界中で神話の怪獣が次々に目覚める中、ゴジラもついにその姿を現して......。

penGodzilla190607-2.jpg

3つの長い首で人類を威嚇するキングギドラ。神々しさと不気味さを併せ持つゴジラよりデカい巨体は圧巻! ゴジラを空中から地上に叩きつけたり、凶暴さを全開させる。 ©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

ゴジラだけではなく、モスラ、ラドン、キングギドラの人気怪獣がハリウッド・デビューを果たし、壮絶なバトルを繰り広げる本作は、前作以上に「ザ・怪獣映画」の趣(おもむき)が強いものになっていて、スケールも迫力も倍増! その一方で、54年の第1作のメッセージを継承した、怪獣たちと関わる家族や科学者たちの葛藤のドラマがリアリティを持って描かれるので、彼らの複雑な動向からも目が離せない。怪獣たちがただ暴れるだけの、子ども向けエンタテインメントではないのだ。

これは、前作のギャレス・エドワーズからメガホンを受け継いだ「ゴジラおたく」のマイケル・ドハティ監督が脚本も兼任(共同)した大いなる成果だろう。その証拠に、『ゴジラ』映画の壮大な世界観と心揺さぶられるストーリーに魅了されたトップクラスの演技派たちが集結。

penGodzilla190607-3.jpg

怪獣たちの復活とともに、エマとマディソンの母娘の関係にも変化が。マディソンは何を思い、どんな行動をとるのか? 彼女の動向から目が離せない。 ©2019 Legendary and Warner Bros. Pictures. All Rights Reserved.

己の正義を信じて暴走するエマに『マイレージ、マイライフ』(09)やドラマ『ベイツ・モーテル』(13〜17)などのヴェラ・ファーミガが扮し、苦悩するマークを『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(16)などのカイル・チャンドラーが体現。映画のカギを握るマディソンに全米大ヒットドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』(16〜)で人気沸騰中のミリー・ボビー・ブラウンが挑み、モナーク幹部の生物学者ヴィヴィアン役で『シェイプ・オブ・ウォーター』(17)のサリー・ホーキンスが続投。

MAGAZINE

特集:残念なリベラルの処方箋

2019-7・ 2号(6/25発売)

日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

人気ランキング

  • 1

    未婚女性が結婚相手の男性に求める年収とは......理想と現実の大きなギャップ

  • 2

    生涯未婚率は職業によってこんなに違う

  • 3

    フェイスブックのコンテンツ監視員の職場は「搾取工場」――元監視員が激白

  • 4

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 5

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 6

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    米富裕層から大統領候補へ「私たちに課税して下さい」

  • 9

    韓国人の日本に対する好感度は上昇、いっぽう日本人…

  • 10

    家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 3

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

  • 6

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 7

    アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

  • 8

    イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 3

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 4

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 7

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

  • 8

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月