最新記事

ドキュメンタリー

世界一の愛され猫が映画デビュー

投稿写真でブレイクし関連グッズも大人気。変わり猫バブを追った『リル・バブ&フレンズ』

2013年5月24日(金)14時39分
マーロウ・スターン

抗し難い魅力 禅っぽい雰囲気を漂わせるバブはネットの人気者(飼い主のブライダブスキーと) Michael Stewart/Getty Images

 4月のトライベッカ映画祭(ニューヨーク)に出品された『リル・バブ&フレンズ』(監督アンディ・カパー、ジュリエット・アイズナー)は、世界で最もかわいい猫「バブ」の世界を描くとともに、インターネットにおける猫ブームとは何かを考察したドキュメンタリー映画だ。

 バブはちょっと変わった雌猫だ。まず目につくのは子猫のように小さな体だろう。おまけに胴体に比べて足が妙に短いし(おかげで運動は苦手だ)、足の指の数はどこも1本多い。目つきはまるで宇宙人のよう。下あごが未発達で歯が生えていないせいで、小さな舌をいつものぞかせている。そしてキーキー、ゴロゴロ、グーグーなどいろんな変な音を出す。

 飼い主のマイク・ブライダブスキーは、「一風変わっているのは宇宙から地球に墜落してきた猫だからだと言う人もいる」と語る。「インターネットに写真を投稿したら、それだけでみんながバブにほれてしまった」

 バブは2年ほど前、ブライダブスキーの出身地である米インディアナ州ブルーミントンで、物置にいるところをブライダブスキーの友人の恋人の母親に保護された。親猫から乳をもらえなかったため哺乳瓶でミルクを飲ませなければならなかった。

 ある日、友人がバブの写真をブライダブスキーにメールしてきた。友人は既に4匹の猫を飼っていたため、バブの引き取り手を探していたのだ。ブライダブスキーは「あまりのかわさに」ノックアウトされ、友人の家に行った。小さな子猫(当時は生後8週間で170グラムくらいだった)を抱き上げた彼は思わずこう言った。「こんにちは、バブ!」。それ以来、2人は離れられない関係になった。

 バブはブライダブスキーにとってある意味、救いの神となった。「ちょうど厳しい時期だった」と彼は言う。「私はレコーディングスタジオを経営しているが、好きだからできる仕事であってあまり儲かるものじゃない。1カ月みっちり予約が入ったかと思ったら、みんな一斉にキャンセルしてきたんだ。家賃の支払いは6カ月遅れていたし、車も壊れてしまった。ネットオークションでもトラブルに見舞われた」

 周囲からバブの写真をネットに投稿するよう勧められたのは、そんなときだった。「ほかにはいない猫だったから」とブライダブスキーは言う。

 最初の写真が投稿されたのは2011年11月。数日のうちに、ブライダブスキーの元にはバブにほれた人たちからの反響が舞い込むようになった。そして数カ月後には、バブがネットでブームを巻き起こしていると興奮して伝える友人たちからのメールが届くようになった。

 フェイスブックではファンの数が11万を超えた。ファンからの要望に応え、ブライダブスキーはバブのTシャツやカレンダー、トートバッグの制作・販売を始めた。おかげでバブの写真を撮るためのいいカメラも買えたし、たまっていた家賃も精算できた。収益からは動物愛護団体やペットの里親探しセンターへもかなりの寄付をしているとブライダブスキーは言う。

「バブの禅っぽいオーラが写真を通して伝わると、みんなはバブの姿をもっと見たいと考える」と彼は語る。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米大統領選、無党派層の景況感が悪化 バイデン氏への

ワールド

中国首相、友好的な中日交流望むと岸田首相に伝達=外

ビジネス

アングル:米株、例年以上の「夏枯れ」か 物価と大統

ワールド

サウジへの攻撃用兵器の売却禁止、米が数週間以内に解
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 6

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中