最新記事

BOOKS

本を読むなら、自分の血肉とせよ。『三行で撃つ』著者の「抜き書き」読書術

2021年3月11日(木)17時50分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部
ノート

近藤康太郎氏の「抜き書き帳」 撮影:朴敦史

<「文章術はこれ一冊でじゅうぶん」と話題の『三行で撃つ』。名文記者として知られる近藤康太郎氏は本書で、独特の書棚整理術と読書術も紹介している。「書棚は自分の脳」――ではどのように整理し、強化するか>

本を「深く読みたい」と願う人は多い。そのための方法として、読んだ内容を記録しておくという手がある。

読書アプリ、レビューサイト、ブログと、記録メディアは多様化しているが、敢えて手帳に書き残してみるのはどうだろう。「手で書く」という肉体的な行為は、思わぬ効果をもたらしてくれる。

真似する読者が続出。「書棚整理」と「抜き書き」


背表紙が見えない本、横積みになっている本、それは本ではない。ゴミだ。(261ページ)

昨年末の発売から、文章を書く人たちの間で話題になっている実用書『三行で撃つ――〈善く、生きる〉ための文章塾』(CCCメディアハウス)の一節だ。名文記者として知られる朝日新聞編集委員・近藤康太郎氏が、文章をうまく書くための25の技術を書いた。

「撃たれ過ぎて瀕死」「文章術はこれ一冊でじゅうぶん」「実用書なのに泣いた」と、SNSで口コミが広がり、既に4刷。ライターやジャーナリストといった文章のプロから、noteやブログを書いている市井の表現者まで、書くことに向き合う広い層が共感の声を発信している。

それにしても、ゴミとは乱暴だが、どういうことなのか。


見栄えのことを言っているのではない。この節の主題である「抜き書き」と密接に関係するのだが、書棚は自分の脳なのだ。本の一冊一冊は、脳内を回る血液である。前後二段にして背表紙が見えなかったり、横積みにして下の本を取り出しにくくなっていたり、それは血液が循環していないことを意味する。血管が詰まっている。病気になる。(261ページ)

著者は決して読者を挑発しているわけではない。本を読むなら、しっかり読め、自分の血肉とせよと、まっすぐに訴えかけ、自らも実践している書棚整理術と読書術(抜き書き)を紹介している。

いま書棚が散らかっている人は、ぜひこの記事を参考にしていただきたい。書棚も頭も整理され、明日からの読書が変わるだろう。何より、いい文章を書き写す作業は、それだけでけっこう楽しいものだ。

人とのつながりを重視するより、孤独と向き合い、書く

文章術の本として『三行で撃つ』がユニークなのは、実用書らしく「書く技術」を伝える一方、「書くという行為」の根底にある「個人の心」にフォーカスした哲学的な視点にある。

読者は一冊を通して、文章をうまく書くための技術を身につけながら、同時に自分自身という実存と向き合い続けることになる。

常套句をやめること、擬音語・擬態語・流行語の扱い、説明しない技術、一人称の考え方ほか、即効性がある文章技術が25項目にわたって紹介されるが、なぜそうすべきなのか、人の心の在りようを論拠に説明していく。

例えば、読みにくい文章には「など」がやたらと多用されることがあるが、それはなぜか。書き手に自信がないからだ。書ききるということを放棄した結果、「など」でごまかすのだ、と説く。

ニュース速報

ビジネス

市場は債券購入加速の目的を理解=ECB総裁

ワールド

イラン核施設で異常発生、原子力長官は「テロ」と断定

ビジネス

ビットコイン6万ドル超え最高値に接近、発掘通貨の供

ワールド

アングル:ミャンマー製衣料品、コロナとクーデターで

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿下の死去で適用される英王室の厳格な規定

  • 4

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 5

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 6

    メーガン妃のまことしやかな被害者談に惑わされるな

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月