最新記事

インタビュー

「万病の根源って『仕事』じゃないですか...」 のんびり屋として生きてきた彼女の心の充電法

2020年8月12日(水)16時20分
채널예스 ch.yes24.com 翻訳:生田美保

大変なことが起きてもう生きていけないと思うときでも、大切な人と笑いとばしてしまえば、結構なんてことなくなるんです(2019年3月11日)

<発売2カ月で7刷。韓国の人気イラストレーターによるエッセイ『怠けてるのではなく、充電中です。』が、日本でも話題を呼んでいる。ベールに包まれていた著者のダンシングスネイルさんに、名前の由来、そしてこの本を出した理由について聞いた>

『怠けてるのではなく、充電中です。』(生田美保訳、CCCメディアハウス)は、すばらしい「絵」と「共感能力」で多くのベストセラーを生み出すも、これまでベールに包まれていたイラストレーター「ダンシングスネイル」の初のエッセイ。

『死にたいけどトッポッキは食べたい』(ペク・セヒ著、山口ミル訳、光文社)、『そのまま溢れ出てしまってもいいですよ』(未邦訳)、『一人でいたいけど寂しいのは嫌』(未邦訳)など、見ているだけで癒される絵で多くの読者から絶賛された作者が初めて自分の話を綴った。

長い間無気力症とうつを患い、カウンセリングを受けてきた作者は、無気力とうつは病気ではない、特別なことではないと言う。風邪を引いたら体を労わるように、無気力症にかかったときもそうやって心をケアすればいいんですと、経験から編み出した「心の充電法」を伝授する。

「なにもしないのが役に立つ」という作者の言葉のように、この本に紹介された心の充電法は決して大げさなものではない。小さくてつまらないことにみえるが、ときにはくだらないアイデアや日常の中の些細な行動が思いがけない癒しと楽しみになると作者は言う。そしてこう問いかける。

「空っぽの心を満たしてくれるあなただけの小さな儀式は何ですか?」

(編集部注:以下、ダンシングスネイルさんのインタビュー)

――ベールに包まれたイラストレーター界の秘密兵器、ダンシングスネイルさん! 名前が印象的ですが、どんな意味なのでしょうか。

生きていく中でいつも私の足を引っ張るのは「遅い」ということでした。学校でお昼を食べるときはいつもクラスで一番ビリだし、しゃべるのもゆっくりで、理解も遅く、文章を読んだり絵を描くのも遅かったんです。友達とおしゃべりしているときも、みんなが笑い終わってから一人笑ったり。そんな自分が「カタツムリ」みたいだなと思いました。

韓国で「のんびり屋」というアイデンティティを持って生きることは決して簡単なことではありません。心の中では常に焦りを抱えて生きることになります。そんなとき、遅いものを見ると友達のように思えて、心が楽になり、なぐさめられました。私だけじゃないんだ、という気がしたんです。

みんなカタツムリは遅いと考えますが、実はカタツムリは自分にちょうどいいスピードで生きているんです。私もそんな風に生きたくて「スネイル」をペンネームにしたんですが、遅くても、踊るように楽しく人生を生きたいという思いから、踊るカタツムリ、「ダンシングスネイル」というアイデンティティを作りました。

【関連記事】無気力症だった韓国の人気イラストレーター「キラキラしたSNSを見ないで」

ニュース速報

ワールド

中国、開放政策の強化を引き続き推進=王毅外相

ワールド

米FDA、イノビオのコロナワクチン後期治験開始を保

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 8

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 9

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 10

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月