最新記事

自己啓発

誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」の能力を鍛えれば

2020年2月19日(水)14時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

ALLVISIONN-iStock.

<「頭がよい」とは何か。東大出身で教育関連のビジネスを手掛ける谷川祐基氏によれば、思考とは具体化と抽象化の往復運動であり、それがうまい人が「頭がいい人」だという。目から鱗の谷川流「賢さ」論を紐解く>

「頭はよくなる。よくなりたければ」――そう言われれば、多くの人が「よくなりたい!」と前のめりになるだろう。だが実は、それぞれの人が思い描いている「頭がよい」の中身は千差万別だ。

にもかかわらず、世の中には「頭がよくなる方法」が氾濫している。

いわゆる「脳トレ」やクロスワードパズル、あるいは将棋をやると頭がよくなるとか、たくさん本を読めばいいとか、それよりも論理的思考のほうが大事だとか、青魚をたくさん食べるといいとか......。

そうした方法論の前に、そもそも「頭がよい」とは何なのか、どうすれば他人から「頭がよい」と思われるのか、それを解明することから始めようというのが、谷川祐基氏の新著『賢さをつくる――頭はよくなる。よくなりたければ。』(CCCメディアハウス)だ。

本書は、概念だけが語られて、結局、読者が最も知りたい「頭がよくなる方法」については何ひとつ触れられずに終わるような物足りなさとは無縁だ。前半では、身近な例を取り上げながら、頭のよさの本質を多角的に捉えている。そして後半では、今すぐ誰にでも実践できる「頭をよくする方法」を紹介している。

インプットかアウトプットか、抽象化か具体化か

教育関連のビジネスを手掛ける著者の谷川氏は、日本一「頭がよい」と言われる東京大学の出身。塾には一切通わず、高校3年生の秋から始めた受験勉強だけで現役合格を果たした。

そう聞けば、さぞかし生まれつき頭がよいのだろうと思ってしまう。当の谷川氏も「人それぞれ頭のよさは違う」と、頭のよさに個人差があることを否定しない。しかし、その上で、頭のよさの個人差をタブー視する態度こそ、頭のよさは生まれつきであり、変えることができないと決めてかかっている考え方ではないかと疑義を呈する。

頭のよさを生まれつきだとするならば、そうでない人には頭がよくなる道が閉ざされているのか。

そうではなく、「頭のよさ」というのは、考え方や思考方法の違いにすぎないのだと谷川氏は主張する。本のタイトルどおり、頭はよくなるのである。もし、よくなりたいと願うならば。

では一体、頭のよさとは何なのか。

学校のテストの点数が高い人こそ頭がよいと考える人もいれば、飲み込みが早い人や知識量の多い人を頭がよい人とする場合もある。あるいは、自分の頭で考えることのできる人、頭の回転が速い人、論理的な人、応用力がある人が頭がよい人である、といった回答もあるだろう。

さらに別の視点からだと、発想が豊か、説明がうまい、行動が効率的、判断が的確といった人を指して「頭がよい」とすることもある。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

北朝鮮、米国によるウ軍への戦車供与非難 「ロと同じ

ワールド

イスラエルのユダヤ教礼拝施設で銃撃、7人死亡

ビジネス

NY外為市場=ドル対ユーロで小幅高、米経済指標受け

ワールド

アングル:印首都で石炭使用禁止、バイオマス移行迫ら

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:実録 中国海外警察

2023年1月31日号(1/24発売)

他国の主権を無視し現地の民主派を取り締まる中国「海外110」の驚くべき実態を暴く

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前とここまで酷似する不気味な符合

  • 3

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を嗅いだ子犬、臭すぎてえずく

  • 4

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 7

    米ロの主力戦車「エイブラムス」と「T90」の性能を比…

  • 8

    かつてはオバマ夫妻と「同列」だったヘンリー&メー…

  • 9

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 10

    「子供に興奮する変態」と批判され...「肉体は8歳」…

  • 1

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    「この年齢の子にさせる格好じゃない」 米セレブ娘の「肌見せすぎ」ファッションに批判

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    「笑いすぎて涙出た」との声多数...初めて猫の肛門を…

  • 7

    人を襲った...ではなく──溺れた少年の遺体、ワニが家…

  • 8

    日本が「新しい戦前」にあるかは分からないが、戦前…

  • 9

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 10

    ベラ・ハディッド、「貝殻ビキニ」でビーチの視線を…

  • 1

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 2

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 3

    飼い主が目を離した隙にハンバーガーを食べ、しらを切る犬の表情がこちら

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 7

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 8

    現役医師が断言「血液型と性格は関係ないし、自分の血…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「バンコクのゴミ捨て場で育った......」 ミス・ユ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月
  • 2022年8月