最新記事

自己啓発

誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」の能力を鍛えれば

2020年2月19日(水)14時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

こうして見ると、「頭のよさ」の定義は多様であり、そのことが「頭がよい」とは何なのかを分かりにくくしていると言える。しかし、ひとつだけ確かなものさしがある。それは、インプット重視かアウトプット重視か、という判断基準だ。

先に挙げた例のうち、前半の「テストの点数が高い」「飲み込みが早い」「知識量が多い」などはインプット重視の「頭のよさ」であり、後半に行くほどアウトプット重視となる。

小中学校など教育の初期段階ではインプット力が重視され、成長するほどアウトプット力が求められるようになる。企画力やプレゼンテーション能力など、社会に出て必要とされるのはアウトプット力のほうだ。

この「インプット力/アウトプット力」を、本書では「抽象化能力/具体化能力」と言い換える。インプットによって情報を抽象化することで概念として理解し、アウトプットによって具体化することで情報を実用に換える、ということだ。

往復運動の「距離」「スピード」「回数」

その上でユニークなのは、「思考の正体とは抽象化と具体化を行き来する往復運動である」という谷川氏の主張である。頭をよくするために重要なのは、「往復運動」の能力を鍛えることだ。思考停止せず、具体化と抽象化を繰り返しながら考えるのがうまい人こそ、「頭がよい人」なのだ。

例えば、「イヌ」と聞いて、思い浮かべるイメージは人によって違う。もし「チワワ」や「柴犬」などの犬種を思い浮かべたとしたら、それは「イヌ」という情報を具体化したのである。「哺乳類」「動物」という言葉が出てきた場合は、「イヌ」の抽象度を上げたことになる。

「チワワ」から具体化をさらに進めれば「うちのポチ」という唯一無二の存在に行き着く。抽象化を進めた先にあるのは「生物」というより大きな概念だ。つまり、ひとつの情報に対して振り幅をもって捉えるのが具体化/抽象化である。

「頭のよさ」を決める具体化と抽象化の往復運動には、3つのパターンがある――往復運動の「距離」「スピード」「回数」だ。

「距離」とは、先ほどの「うちのポチ」や「生物」のように、「イヌ」という出発地点から、具体/抽象それぞれの方向にどれだけ遠く離れられるか、ということだ。目の前の事柄に対して大局的な意見を言える人や、壮大なテーマを身近な話題に落とし込める人は、確かに「頭がよい」。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

独メルケル首相の保守連合、9月総選挙に向け増税せず

ワールド

米共和党、中間選挙にらみ支出拡大 5月は民主党の倍

ワールド

感染再拡大の兆しあれば適切に措置、五輪でも同様=加

ビジネス

前場の日経平均は大幅続落、早期の米利上げ思惑でリス

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 8

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 9

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 10

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 8

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年6月
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月