最新記事

対談

バズるにはどうしたらいい? 面白いってどういうこと?【田中泰延×岩下智】

2019年8月23日(金)16時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

「面白い」の定義は「自分を捨てること」だと話す、ベストセラー『読みたいことを、書けばいい。』著者の田中泰延氏 Newsweek Japan

<話題の本『読みたいことを、書けばいい。』著者の田中泰延氏と、『「面白い!」のつくり方』を上梓した岩下智氏が語り合った。元電通と現電通。大阪人と東京人。「面白い」を追求してきた2人の考えは?>

ネットでバズるにはどうしたらいいだろう? ウケる文章はどうやって書けばいいだろう?

そんなことに日々、頭を悩ませている人もそうでない人も、まずは「面白いとは何か」を考えてみるといいかもしれない。そしてそのために、この対談が役に立つかもしれないし立たないかもしれない。

大手広告代理店・電通で長くコピーライターを務め、現在はフリーランスで執筆活動を行う田中泰延氏と、同じく電通で今もアートディレクターとして活躍する岩下智氏。

『読みたいことを、書けばいい。――人生が変わるシンプルな文章術』(ダイヤモンド社)の著書が12万部突破、アマゾンでも総合1位となった田中氏は文章で、『「面白い!」のつくり方』(CCCメディアハウス)を上梓した岩下氏はビジュアルで、それぞれ「面白い」を追求してきた。

誰だって、SNSやブログ、あるいは日々の会話の中で「面白い」と他人から思われたい(たぶん)。でも岩下氏が著書に記すように、「自分のことを面白い人間だと思いますか?」と尋ねられて、自信を持って「はい」と答えられる猛者は少ない(きっと)。

東京出身で、自分は「面白いことコンプレックス」を抱えているという岩下氏と、大阪出身で、「面白い」の定義は「自分を捨てること」だと話す田中氏の対談は、ナナメから入り、ウンコとラッコに寄り道をしながら、真面目さとコンプライアンスの時代における「面白いとは何か」の出口へと向かっていった。
omoshiroibook190823-bookB.jpg
omoshiroibook190823-bookA.jpg

◇ ◇ ◇

岩下 今日はこうして対談させていただけてうれしいです。ありがとうございます。

田中 いえいえ、こちらこそ。今日は社会問題を話し合う対談ですので、主に辺野古の問題について語り合います。よろしくお願いします。

あ、そうそう、大事な小道具があるんですよ(カバンから付箋のいっぱい付いた岩下氏の著書『「面白い!」のつくり方』を取り出す)――もちろん、この付箋は嘘です。「よく読んだ」っていうアピールです。

岩下 実は僕も持ってきました(同じく田中氏の本『読みたいことを、書けばいい。』を取り出す)。

田中 お互い嘘の付箋がありますね。

岩下 数は僕のほうが多いですよ。

田中 まずは、この「嘘の付箋」対決っていうのがあるんですよね。僕は、この本を読ませていただいたなかでは、やっぱり公定歩合についての部分かな。公定歩合を下げるとドルの準備高が......っていう部分が特に感銘を受けましたね。

トランプも今日ツイートしていましたけど、アメリカの公定歩合は世界にとって重要な数字です。僕の本も仮想通貨について主に述べています。

岩下 僕は泰延さんの本の中では、ブレグジットのくだりが一番好きでした。

田中 そこがいちばん重要で、読んでほしかった部分です。

岩下 ただ今日は「面白い」がテーマなんで、そのへんの話はできないんですけど......。

先日泰延さんがツイッターで、この本について投稿してくださっていて、「自分が面白いことを言ってやろうって思っているときの思考回路と同じものがあった」というようなことを書いていらっしゃったんですけど、それが具体的にどこなのか、すごく気になっているんです。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月