最新記事

大学

もう1つの<異端>大学教授──学歴はなくとも研究業績は博士に匹敵する人たち

2019年7月2日(火)18時50分
松野 弘(社会学者、大学未来総合研究所所長)

まさに、独学者の「一つの生き方」を示している。また、社会学者の加藤秀俊氏が書いた『独学のすすめ――現代教育考』(文藝春秋、1975年〔初版〕)では、学校が学問をする唯一の場ではなく、数多くの「学び」の場の一つであることを明言しているが、これもまた「独学」の神髄を突いている言葉である。

日本の独学者列伝:南方熊楠から安藤忠雄まで

明治以降の近代社会では、植物学者の牧野富太郎氏、博物学者・民俗学者の南方熊楠氏、英語学者の田中菊雄氏等が象徴的な独学者として取り上げられてきた。

建築界の異端児で世界的に著名な安藤忠雄氏は工業高校卒業ながら、独学で建築学を勉強し、数々の国際的な賞を受賞し、短期間(1997―2003年)ではあるが、東京大学大学院工学研究科教授として招聘され、現在は東京大学特別栄誉教授となり、まさに現代独学者のトップランナーである。

また、東京大学大学院経済学研究科教授の柳川範之氏は大検、大学の通信教育学部(慶應大学)、東大大学院を経て、東大教授になった人物である。彼はその著作『独学という道もある』(ちくまプリマー新書、2009年)を刊行して以来、専門の経済学以外に「独学」という勉強法の有効性について論じてきている。

この他、現在社会的知名度のある研究者や大学教授で、正規の学歴ルートを経ずして大学教授になったケースとしては、生命科学者の米本昌平氏(元東京大学先端科学技術研究センター特任教授)、経済学者の故奥村宏氏(元中央大学商学部教授・龍谷大学経済学部教授)、中小企業研究で有名な中沢孝夫氏(兵庫県立大学大学院客員教授)、民俗学者の赤坂憲雄氏(学習院大学文学部教授)等が挙げられる。

具体的にいえば、米本氏は京都大学理学部卒業後、学生運動を通じての大学やアカデミックライフへの不信感から、自分の専門分野とは畑違いの証券業界へと転身。名古屋の中小証券会社の調査部員として働く傍ら、京都大学時代の恩師の指導を受けながら、独学で生物学の研究を行い、学会誌に論文を発表した。

その結果、京都大学時代の先輩の紹介で、三菱化成の新設の研究所、三菱化成生命科学研究所の研究員として採用されることになった。その後、同研究所の研究室長、株式会社科学文明研究所所長として、科学史・科学論・生命論・環境問題等に関する著作を数多く発表し、専任ではないものの、東京大学先端科学技術研究センタ-特任教授・東京大学教養学部客員教授として活躍した。

彼の研究姿勢のユニーク性は、科学技術の社会的責任性を追求している点にある。生命科学を倫理的な側面から再検討していく視点、例えば、人類における優生政策を歴史的に俯瞰した上で、ナチス・ドイツにおける優生政策がユダヤ民族の大虐殺(ポグロム)を生み出してきたということの意味を問い直しているという点である(『優生学と人間社会』米本昌平他、講談社現代新書、2000年)。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米建設支出、8月は予想上回る1.4%増 コロナ禍で

ワールド

ナワリヌイ氏事件は「平和への脅威」、安保理欧州理事

ビジネス

ユーロ高長期化で景気回復阻害、インフレも下押し=欧

ワールド

アストラゼネカのコロナワクチン候補、欧州で治験デー

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べるヘビ

  • 3

    かなりレア、暗闇で息を呑むほど圧倒的な視認性を誇る角形ダイバーズウォッチ

  • 4

    「驕る習近平は久しからず」中国コワモテ外交の末路

  • 5

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 6

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 7

    米国と台湾が共同インフラ計画で連携 中国の一帯一…

  • 8

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 9

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 10

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 7

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    進化の結果?獲物を丸呑みせず腹を切り裂いて食べる…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月