最新記事

モノづくり

イノベーション流行りの日本が、順位を4位から25位に落とした理由

2018年6月4日(月)17時59分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

オープンではなくトゥルーがうまくいく理由

イノベーションを生む手法として、近年、企業などが積極的に取り入れているのがオープン・イノベーションだ。外部からの人材や情報をオープンに取り入れ、自社が持つ強みや資源と組み合わせることで、新たな価値を生み出そうというアプローチである。

本書の中で、大手メーカーのエンジニアやデザイナー、外資系コンサルティング企業の若手社員、さらに日本有数の大学も参加する、ある製品開発カンファレンスに著者が携わったときの話が紹介されている。多くの優秀な人材が集まったものの、そこから製品化されたものは1つもなかったそうだ。

カンファレンスでは、参加者の多くが、それぞれの専門性によって「誰かの課題」を解決しようという高い志で動いていた。だが、そうした"他人ごと"を目標設定にすると、長い時間とそれなりの開発資金を必要とするようなモノづくりを支えきれない。誰かのための「すべき」ではなく、自分が「とにかくしたい」という想いがなければ、いずれ求心力を失ってしまうのだ。

自分ごとのモノづくりは、たった1人のアイデアから始まる。大きな資金力もないので、コツコツと開発を進めていくことになる。しかし、強い情熱には徐々に共感する人々が集まり、資金が集まり、プロジェクトは勢いを増していく。そうして、期待をはるかに超える成果を上げることもある。

「お一人様モノづくり」として始まったプロジェクトが、本来の企画者の能力を大幅に上回る価値を生み出す。それこそが「他に類のない『本物(トゥルー)』のイノベーションであり、他の誰でもない自分に『誠実(トゥルー)』なイノベーション」だという。

三木氏の会社が運営する自社製品・サービス開発講座「zenschool(ゼンスクール)」では、このような自分ごとから小さく始める「マイクロモノづくり」を推奨。本書では、その「zenschool」のメソッドで生まれ、実際に成果を上げているイノベーション事例として、手術などの際に医療従事者の体力的負担を軽減できる、身に着けて移動可能なイス「archelis(アルケリス)」や、差別化の難しいタクシー業界で、単なる移動手段にとどまらない心への作用を重視した新サービス「想い出タクシー」が紹介されている。

イノベーションに必要なのは議論ではなく対話

自分の内から湧き起こる「トゥルー・イノベーション」に対して、外部の情報を拠り所とするものを本書では「ミー・トゥー・イノベーション」と名付けている。

多くの人が「Me too(私も!)」と共感することを軸にして、製品・サービスを開発していく進め方で、巷の新規企画はたいていそうやって立てられている。だが、このやり方では結局、似通った競合製品で溢れ返った「レッドオーシャン」に身を投げ出すことになりかねない。

ニュース速報

ビジネス

米政治リスク、中銀の経済的懸念として浮上=UBS調

ワールド

米下院議長、コロナ対策巡り財務長官と協議 週内合意

ワールド

英国とカナダ、ベラルーシ大統領らに制裁 西側諸国で

ビジネス

世界の航空旅客予測引き下げ、今年は66%減に=IA

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    無法地帯と化すハイチ 警官が暴徒化する理由とは?

  • 4

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 5

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に…

  • 8

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 9

    3時間42分にわたって潜水するクジラが確認される

  • 10

    韓国、日本製品不買運動はどこへ? ニンテンドー「あ…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 6

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 7

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月