最新記事

キャリア

起業のサポート本 お荷物社員の活用法から燃え尽き対策まで

2018年3月27日(火)20時46分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

Ildo Frazao-iStock.

<急速に成長し、成功を収めた米おもちゃ会社のCEOが直伝。起業してから1年間をリーダーはどう思考し、行動すべきか>

日本では毎年30万人近くの「起業家」が誕生している。

ただし、この数字は「過去1年間に職を変えた又は新たに職に就いた者のうち、現在は会社等の役員又は自営業主となっている者」という定義で算出されたものなので、実際には、自分を「起業家」だと認識していない人も含まれているだろう(参照:「中小企業白書」2017年版)。

それでも、会社員という安定した地位を捨て(あるいは選ばずに)、自分の力でビジネスをしていこうと決めた人たちの数であることに違いはない。近年では女性の起業希望者も増え、高校生や中学生にも起業意識が浸透してきているという。

だが言うまでもなく、起業はスタート地点に過ぎない。そこから苦難の道のりが始まる......そう語るのは、『全米最速成長企業のCEO直伝 356日スタートアップ大作戦!』(前田雅子訳、CCCメディアハウス)の著者、レット・パワーだ。

「全米最速」の成長を遂げられた理由

レット・パワーは2007年、パートナーと共にワイルドクリエーションズ(Wild Creations)という、公共空間に遊べるオブジェを作るおもちゃ会社を設立する。

同社は革新的なおもちゃを次々と発表し、これまでに40以上の国でさまざまな賞をもらっている。そして、インク誌が選ぶ「最も急速に成長しているアメリカ企業」や、米商工会議所の「Blue Ribbon Top 75 US Company」に選ばれるなど、輝かしい成功を収めた。

だが実のところ、起業からわずか2年後の2009年には、破産寸前にまで追いつめられていたという。パワーに言わせれば、「その長い2年間で私たちはほぼすべてを失った」。進むべき方向を見失ったことで、パワーはいったん立ち止まり、自分自身とビジネスについて考えさせられることになった。

自分たちは何をしてきたのか、何が足りなかったのか、これからどこを目指していくのか。会社存続の危機にまで追いつめられたことが、かえってリセットボタンを押すきっかけとなり、これによって彼の会社は再び上昇気流に乗ることができた。

パワーが窮地で見出した「成功するためのマインドセット」を、迷える多くの新人起業家たちに伝えること、それが本書の趣旨だ。

本書はまた、1年365日にわたって活用できる"アクション・ブック"でもある。週ごとにテーマが設けられ、「今日はこれについて考えるべし」という課題が日々与えられるのだ。今では世界的なコンサルタントでもあるパワーが、二人三脚で新人起業家のサポートをしてくれる、というわけだ。

ニュース速報

ワールド

サウジ原油輸出、11月は日量737万バレルに増加=

ビジネス

ドイツ経済、19年は欧州債務危機以来の低成長=中銀

ビジネス

世界成長率見通し、20年3.3%に下方修正 印など

ビジネス

台湾輸出受注、12月は14カ月ぶり増加 通年ではマ

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 6

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 7

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 8

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 9

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 10

    ゴーン「逮捕翌日、フランス大使から日産の陰謀を知…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは大荒れの予感

  • 4

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 5

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 6

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃さ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月