最新記事
福祉

「障害者福祉で儲けるなんて...」そんな社会通念を吹き飛ばせ! 芸術×ビジネスの福祉実験カンパニー

MORE THAN JUST A BUSINESS

2024年4月4日(木)16時17分
岩井光子(ライター)
芸術×ビジネスで世界を変える

作品が飾られた岩手のホテル COURTESY OF HERALBONY

<障害のあるアーティストの作品で多くのビジネス・コラボを展開。「岩手から世界へ」障害のある人に対する偏見をなくすヘラルボニー社の挑戦>

異彩を、放て──。

この言葉を使命に掲げる岩手発の福祉実験カンパニー、へラルボニー。知的障害のあるアーティストや福祉施設と契約を結び、作品を高解像度データで保存。

他社のプロジェクトや自社ブランドの衣服などにデータを使用するたび、作家にライセンス契約料や物販売り上げの一部を支払う事業を軸にビジネスを展開する。

既存作品のデータをやりとりするので作家に負担はかけず、継続的な収入にもなる。彼らの卓抜した画力に正当な報酬を支払うと同時に、障害がボトルネックにならないよう配慮された仕組みだ。

創業は2018年。共同CEOの双子の兄弟、松田文登と松田崇弥には知的障害を伴う自閉症の兄・翔太がいる。当事者家族として兄に対する世間のまなざしを変えたい思いが最大の起業動機だ。

ただ、障害のある作家の作品でIP(知財)ビジネスを行う試み自体は目新しくなく、これまでも主に非営利団体が取り組んできた。

へラルボニーが際立っているのは、「福祉で儲けるなんて」という社会通念を吹き飛ばすがごとく、福祉や支援の文脈ではなく、資本主義のど真ん中でビジネスをしているところだ。

松田兄弟は「経済的な成功を求めて起業したわけではない。でも社会的インパクトを追求することで、結果として経済的インパクトを生むのなら、協業してくれる企業や団体は増えていくはずだ。逆もまた然り」と自著で述べる。

newsweekjp_20240403035836.jpg

謎の言葉「ヘラルボニー」を生み出した兄・翔太(中央)と座る松田兄弟 COURTESY OF HERALBONY

事業の急成長で23年までの2年で契約作家や施設へのライセンス料の年間総支払額は8.7倍となり、確定申告をする作家も現れた。月給約1万6000円で就労継続支援事業所で働く障害を持つ作家の家族から「奇跡が起きている」という声も上がっている。

会社設立直後は、期待したほど事業が伸びず、資金減に苦しんだ時期もあった。

例えば老舗洋品店・銀座田屋と商品化したネクタイは作家の細かな筆致の再現にこだわった力作だが、1点3万5000円程度と高価で販路も限られていた。知名度や社会的評価が十分でない作家の作品をデザインした商品が、なぜ高額なのか──。その思いを分かってもらうまでの道のりは想像以上に厳しかった。

しかし結果的に資本主義の中でもがいたことが、その後のへラルボニーにとって追い風となった。18年、パナソニック・グループの研究開発施設であるパナソニック・ラボラトリー東京で契約作家の作品がインテリアに採用されると大きな案件が次々に決まり、一気に流れを引き寄せた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

エクアドルが中国人ビザ免除停止、昨年来3万人超不明

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田氏再任の賛成票比率は71.93

ワールド

米有力議員ら、インドでダライ・ラマに面会 今週渡米

ワールド

ガザ物資搬入、イスラエル軍の活動停止後も進まず 国
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 6

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 7

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 8

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 9

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 10

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中