最新記事

ビジネス

何時間でも聞いてもらえるシンプルな「話し方」術(ラジオDJ秀島史香さん)...ほか新刊本紹介

2022年6月23日(木)19時49分
flier編集部

Pichsakul Promrungsee

<手っ取り早い仕事のコツ、「ビジョン」の作り方と活かし方、科学で解き明かす「幸せの正体」、本当に使えるメモ術──仕事と人生に役立つ新刊本5冊>

各出版社の「これはぜひ推したい!」という本を揃えたコーナー、「出版社のイチオシ」です。発行に携わった出版社の担当者たちが、それぞれの本のエッセンスやおすすめのポイントなどをご案内します(この記事は、本の要約サービス「flier(フライヤー)」からの転載です)。

◇ ◇ ◇


大切なのは「何に取り組むか」を明確にすること

すぐに結果を出す新入社員は、「これ」だけやっている
 20代のうちに身につけておきたい「しごと」のコツ

 著者:伊庭正康
 出版社:秀和システム

・すぐに結果を出したい!
・かといって10年後も食えるようでいたい
・ビジネスパーソンとして成長するには何をすればいいの?
・そもそも何をやればいいのかわからない
・手っ取り早く仕事のコツを教えてほしい

目の前のことに集中しつつも、自分のキャリアを長い目で見たい。そう思っているあなたは、正解です。

30代の日本人で、今の生活に満足していると答えた人は、なんと15人中1人しかいません。いかに20代での過ごし方が大事になってくるか、ということです。

特に新入社員は「これをやらなきゃ!」「何をやればいいの?」と、思ったり考えたりする傾向が強いものです。

社会情勢的に企業の経営も厳しくなり、業務のスリム化が進んでいます。従来の「満遍なく何事にも取り組む」という姿勢より、「何に取り組むか」を明確にするほうが今の社会ニーズに合っています。

そこで、本書では、「まずはこれ」というポイントを、6章にわたってお教えします。

まずは本書を読んで、どう自分に「投資」したらいいのか学んでみませんか?
(第4編集局 丑久保)

「ビジョン」は仕事や人生の武器になる

ビジョンとともに働くということ
 「こうありたい」が人と自分を動かす(単行本)

 著者:山口周、中川淳
 出版社:祥伝社

ビジョンは経営資源であり、人生の武器になる。

「何のために働くのか?」「この仕事の意味は?」

仕事に対する、こんなモヤモヤした思いを抱えたことはありませんか?

「日本の工芸を元気にする!」をビジョンに掲げ、創業300年の奈良の小さな老舗を全国規模に成長させた中川政七商店の会長・中川淳さんと、今の日本の問題点を鋭く指摘する、独立研究者の山口周さん。本書ではこのお二人が、経営者、リーダー、一人ひとりに向けた「ビジョン」について考えていきます。

今は「問題を解ける人ではなく、問題を定義できる人」が必要とされる時代。

そんな時代だからこそ、「ビジョン」は仕事や自分の人生の武器になる。

ではどうやって「ビジョン」を磨き、浸透させ、実践すればいいのでしょうか。そんな疑問に答えてくれる一冊となりました。

経営者には、「問題設定=ビジョン」のヒントとなる話が満載。

一人以上の部下を持つリーダーには、データを検証しながら、「ビジョンとマネジメント」について考えます。そして本の後半では、「個人が働くうえでのビジョン」との付き合い方を取り上げます。実践例をふんだんに織り交ぜながら展開していくお話は、深くて面白い。

「ビジョンがあったからこそ、いまの中川政七商店がある」(中川淳さん)
「これからはビジョンがもっとも重要になるでしょうね。いまいちばん稀少な経営資源は、働くためのモチベーションですから」(山口周さん)

お二人のこの言葉が、印象に残りました。働くすべての方におすすめしたい一冊です。
(祥伝社 栗原和子)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マクロン仏大統領、7月初めの政権刷新目指す

ワールド

ブラジルのボルソナロ氏、元国防相を副大統領候補に起

ワールド

英仏首脳が会談、ウクライナへの追加支援を確認 

ワールド

焦点:米民主党、中絶巡る最高裁判断を中間選挙争点に

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月
  • 2022年2月
  • 2022年1月