最新記事

テレワーク

Zoom会議の生産性を上げるコツ フォローから始める、参加者は6人...厳禁なのは?

Making Zoom More Personal

2021年4月16日(金)12時04分
スーザン・マクファーソン
オンラインミーティング(イメージイラスト)

ILLUSTRATION BY NADIA_BORMOTOVA/ISTOCK

<ウェブ面接からウェビナー、ズーム飲み会まで。コミュニケーションのプロが語るオンライン会議を成功させる秘訣>

新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、突然世界中の国でロックダウン(都市封鎖)やリモートワークが始まって1年。この間、ネットスーパーからテレビ会議、そしてオンライン授業まで、私たちの生活の多くの部分がデジタル・プラットフォームに移行してきた。

おかげで、こうしたプラットフォームを提供する企業は、爆発的な成長を遂げてきた。ウェブ会議やオンライン飲み会の定番となったZoom(ズーム)を運営するズーム・ビデオ・コミュニケーションズ社は、2021年度の売上高が前年比326%増の26億5140万ドルに達した。

とはいえ、「ズーム疲れ」という言葉があるように、最近は、オンライン会議がもたらす精神的なダメージにも注目が集まっている。今年2月には、スタンフォード大学の研究チームがズーム疲れを分析した論文を発表した。

そんななか、コミュニケーションの大家スーザン・マクファーソンは、3月に刊行された新著『ザ・ロスト・アート・オブ・コネクティング』で、人間同士の物理的な接触が限られる今、オンライン会議プラットフォームの上手な使い方を紹介している。一部を抜粋でお届けする。

フラン・ハウザーはスタートアップ専門の投資家。消費者をエンドユーザーとする企業に投資・助言している。タイム社のスタイル&エンターテインメント部門のデジタル・プレジデントを務めたこともあり、働く女性を支援する慈善活動にも注力している。

オンライン会議をするときは、参加者にリアルなつながりを感じてもらうために、前回の会議で話題になったことのフォローアップで始めることをハウザーは勧める。「スーザン、この前言っていたプレゼンはどうなった?」といった具合だ。

また、会議に能動的に参加してもらうためには、参加者が安心できる環境が重要だと、ハウザーは語る。2016年にグーグルが、最も生産性の高いチームの特徴を調べたところ、最大のカギは優秀なメンバーがそろっていることではなく(それも重要だが)、メンバーが安心して仕事に臨める環境をつくっていることだと分かった。

具体的には、自分の存在が周囲に認められていて、自分の意見に耳を傾けてもらっていると感じられるチームは、より優れた働きをする。リモートワークでメンバー間に物理的な距離があるなかでは、確かにハウザーが提案するオンライン会議のコツは効果がありそうだ。

ニュース速報

ワールド

反転攻勢すでに開始とゼレンスキー大統領、「将官の士

ワールド

ノルドストリーム爆発、ポーランド拠点に破壊工作か 

ワールド

スイス中銀総裁、インフレ抑制へ利上げ示唆

ビジネス

アングル:スタバがインドで低価格戦術、拡大市場で競

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ダム決壊でクリミアが干上がる⁉️──悪魔のごとき「焦土作戦」

  • 2

    ウクライナの二正面作戦でロシアは股裂き状態

  • 3

    ワニ2匹の体内から人間の遺体...食われた行方不明男性の姿

  • 4

    ロシア戦車がうっかり味方数人を轢く衝撃映像の意味

  • 5

    新鋭艦建造も技術開発もままならず... 専門家が想定…

  • 6

    「裸同然の女性2人が動物の死骸に群がる」様子が監視…

  • 7

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 8

    「真のモンスター」は殺人AI人形ではなかった...ホラ…

  • 9

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

  • 10

    エベレストで九死に一生を得た登山家、命の恩人より…

  • 1

    エベレストで九死に一生を得た登山家、命の恩人よりスポンサーに感謝で「恩知らず」と批判殺到

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    ウクライナの二正面作戦でロシアは股裂き状態

  • 4

    【動画・閲覧注意】15歳の女性サーファー、サメに襲…

  • 5

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 6

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定..…

  • 7

    ダム決壊でクリミアが干上がる⁉️──悪魔のごとき「焦…

  • 8

    新鋭艦建造も技術開発もままならず... 専門家が想定…

  • 9

    ワニ2匹の体内から人間の遺体...食われた行方不明男…

  • 10

    ロシア戦車がうっかり味方数人を轢く衝撃映像の意味

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 3

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 4

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「…

  • 5

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 6

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 7

    エベレストで九死に一生を得た登山家、命の恩人より…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 10

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中