最新記事

韓国経済

韓国財閥系のLGとSKがEV電池で訴訟合戦 中国は漁夫の利狙う?

2019年11月30日(土)11時03分

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が米国で生産する電気自動車(EV)用の電池を巡る数十億ドル規模の受注競争で昨年、韓国のSKイノベーション(SKI)は規模が上手の同国LGケム(LGC)を打ち負かした。写真はSKIのロゴ。ソウルで2017年2月撮影(2019年 ロイター/Kim Hong-Ji)

ドイツの自動車大手フォルクスワーゲン(VW)が米国で生産する電気自動車(EV)用の電池を巡る数十億ドル規模の受注競争で昨年、韓国のSKイノベーション(SKI)は規模が上手の同国LGケム(LGC)を打ち負かした。

SKIは今年3月には米ジョージア州コマースで、総工費17億ドルをかけて建設する電池工場の起工式を鳴り物入りで実施。そこから約200キロ離れたVWのテネシー州チャタヌーガ工場が、米国におけるVWのEV生産拠点となる。

しかし、LGCには腹案があった。

VWからの受注競争に敗れた上、ソウルの漢江を挟んでにらみ合う宿敵SKIに77人の従業員を奪われたLGCは4月になって、企業秘密を不正入手したとして米国でSKIを提訴した。

それから7カ月後。両社は電池の特許侵害を巡り米国で互いを提訴した。血で血を洗う確執の成り行き次第では、世界最大級の自動車メーカー数社のEV発売に混乱を来しかねない。

ロイターが確認した提訴書類によると、両社が互いに求めているのはテネシー州のVW工場で製造予定のSUV(スポーツ用多目的車)のほか、ゼネラル・モーターズ(GM)の「シボレー・ボルト」、フォード・モーターの各種ピックアプトラック、ジャガー・ランドローバーの「I―PACE」、VW傘下アウディの「e-tron」、起亜自動車の「Niro(ニロ)」といったEV用の電池の輸入および販売の停止だ。

韓国企業が米国でEV用電池を供給できるかどうかが、この係争に掛かっている。折しも自動車メーカー各社はEV用電池の需要急増を見据え、納入を確保しようと競って高額の契約を結んでいる。

「両社が和解しない限り、係争に敗れた方が致命傷を負うことになる。自動車メーカーにとっても手痛い事態だ」と蔚山科学技術大学校のCho Jae-phil教授は言う。

フォードの広報ジェニファー・フレーク氏はロイターへの電子書面で、LGCとSKIが法廷で争わずに対立を解消するのが望ましいとし、複数の電池メーカーが共存できるだけの需要があるはずだと指摘。「問題は承知している。当然のことながら、当社は自社の利益を守るために事業継続計画(BCP)を備えている」とした。

GMの広報パトリック・モリセー氏は、係争を承知しており、現時点でEV型シボレー・ボルトの生産への影響は予想していないと述べた。

起亜、ジャガー、VWの各社はコメントを控えた。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏就任式、警護の州兵2人解任 身元調査受け

ビジネス

米フェデックス貨物航空部門、欧州で最大6300人削

ワールド

米、中国のウイグル族「虐殺」を認定 新政権発足直前

ワールド

イラン、トランプ大統領を制裁対象に 任期終了直前

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

  • 3

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 4

    米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

  • 5

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 6

    コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

  • 7

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 8

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 9

    文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

  • 10

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 9

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 10

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月