最新記事

ファッション

アジア発「スキンケアする男」に熱視線 シャネルなど大手ブランドも参戦

2018年12月26日(水)10時13分

中国が鍵

ユーロモニターによると、韓国人男性1人当たりがスキンケアに使う費用はすでに群を抜いており、米国やフランスの10倍以上となっている。

「韓国では若く見られたいというプレッシャーは相当強い。職探しでも、見た目は20歳で、経験は20年なければならない」と、コスメ業界の調査会社ビューティーストリームズのクリエイティブディレクター、マイケル・ノルト氏は指摘。「文化的な側面もある。ボーイッシュなイケメンがトレンドだ」

男性用ではないメーク用品がすでに男性に人気の韓国市場は競争が激しく、化粧品メーカーにとってこれはチャンスでもあると同時に試練でもある。

韓国最大のオンラインストアGマーケットでは今年1─8月、男性消費者に対するマスカラやリップなどの化粧品売り上げが前年同期比130%増となり最高を記録した。

シャネルは9月、韓国で「ボーイ」を先行販売した。来年には他のアジアや米国、英国の実店舗で発売を開始する。一方、日本国内の店舗やオンラインで販売展開するACROは、来年には韓国やタイに進出しアジア市場への参入を計画している。

男性化粧品市場において、中国に進出できるかが最終的な鍵を握るだろう。

仏化粧品大手ロレアルの予想によると、今年の中国美容市場の規模は推定390億ユーロ(約5兆円)で、2030年までにこの2倍以上に拡大する。男性消費者の関心はすでに表れ始めている。

中国電子商取引2位の京東商城(JDドット・コム)は、6月に行った特別セール期間中の最初の17日間で、化粧品を購入した男性消費者の数は前年比61%増加したとしている。フランスの高級ブランド、LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)傘下のクリスチャン・ディオールや、米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が日本で展開する高級ブランド「SK-II」が人気だという。

「実際に変わり始めている」と語るのは、上海に拠点を置き、ミニブログ「新浪微博(ウェイボー)」で約27万人のフォロワーがいる男性コスメブロガー、ツリーツリー・ウーさん(26)だ。ウーさんは、歌手のリアーナがLVMHと組んで立ち上げたメークアップブランド「フェンティ・ビューティ・バイ・リアーナ」のファンだと公言する。

「男性スターだけでなく、多くの若い男性がコスメを使っている。普通の人たち、学生でさえ少なくとも眉は描いている可能性がある」

(Haejin Choi記者、Sarah White記者、Sam Nussey記者 翻訳:伊藤典子 編集:山口香子)

[ソウル/パリ/東京 ロイター]


トムソンロイター・ジャパン

Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

 2022080916issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2022年8月9日/16日号(8月2日発売)は「世界が称賛する日本の暮らし」特集。日本人が気付かない日本の魅力を16人に聞いた。パックン/アルトゥル/カン・ハンナ/レニック/本音座談会…

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国国有大手5社、米上場廃止申請へ 取引減や事務負

ワールド

FBI、最高機密文書など押収 トランプ氏家宅捜索で

ワールド

米オハイオ州警察、FBI支局侵入図った男の身元特定

ワールド

中国、台湾の現状変更の口実としてペロシ氏訪台を利用

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 2

    全部で11匹、手負いのヘビが幼蛇を産む瞬間

  • 3

    デリヘルで生計立て子供を私立の超難関校へ スーパーのパートも断られたシングルマザーに残された選択肢

  • 4

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 5

    「女性らしくない」との批判──ファーストレディ・オ…

  • 6

    【動画】露軍基地の大爆発と逃げる海水浴客

  • 7

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 8

    イーロン・マスク、自家用ジェットで車10分の距離を…

  • 9

    【映像】車庫にいた巨大ムースを至近距離で撮影

  • 10

    インドで手足が4本ずつある赤ちゃんが生まれる

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 3

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 4

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 5

    【映像】ガータースネークから幼蛇が出てくる瞬間

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 8

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 9

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 10

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月
  • 2022年3月