最新記事

経営

日本企業はなぜ「お雇い外国人」に高額報酬を払うのか

2018年6月21日(木)18時05分
松野 弘(千葉大学客員教授)

武田薬品工業はクリストフ・ウェバー氏が社長になって以降、買収戦略を積極的に推進しているが Kim Kyung-Hoon-REUTERS

<明治時代のお雇い外国人も日本人高官より高額な報酬を得ていた。今の日本企業の外国人役員たちも同じ。そして彼らは、拝金主義的で自己利益的な経営者だ>

近年、グローバル化時代への対応ということで、「外国人役員」(現代のお雇い外国人と称する)を登用する企業が増えつつあるようだ。この背景には、外国企業との合弁、外国企業のM&Aなどの事業に外国人役員の方が有能だと日本企業のトップが思っている節があるのかもしれない。

しかし、短期的な利益を追求し、自らの報酬をできるだけ高く獲得しようとする外国人役員が果たして、日本の企業経営や社員のためになっているのか。この疑問を解くことが今回のテーマの出発点である。

かつて、明治維新後の富国強兵政策によって、産業から教育に至るまでの国民生活のすべての分野で、数多くの外国人専門家、いわゆる「お雇い外国人」が日本人の高官よりもはるかに高い俸給で雇用された歴史があることを思い起こしていただきたい。

明治の時代は近代化という国家目標を達成するために、あえて高額な報酬で外国人専門家を雇用し、それにより日本の近代化を押し進めることができた。

しかし、現代日本はトップクラスの先進国であるにもかかわらず、グローバル化への対応と称して、ソフトバンクや楽天のように、英語を社内の公用語、つまり、グローバルなコミュニケーション・ツールとする企業が増加してきている。さらに重要なのは、経営幹部に外国人を登用し、M&Aなどによって、グローバル化の対応を急いでいる企業が増えつつあることだ。

例えば、ソフトバンクが2013年にアメリカの携帯電話事業会社の中で第3位のスプリント・ネクステルを約1兆5700億円、2016年にはイギリスの半導体開発大手のアーム・ホールディングスを約3兆3000億円で買収した。さらに、2018年には武田薬品工業がアイルランドの大手製薬会社シャイアーと約6兆8000億円での買収に合意した。

これらの企業は売上高以上の買収投資をして、果たして、どれほどの効果を得られているのだろうか。ソフトバンクグループは別として、武田薬品工業の場合、外国人CEOのクリストフ・ウェバー氏が社長に抜擢されてから、買収戦略を積極的に推進している。

欧米の企業CEOは自分が役員在職中に利益を出せば、何十億という報酬を受け取ることかできるから、利益を出すために、社員の大幅な人員削減やM&Aを積極的にやっているのが実態だ。

こうした企業のグローバル化と外国人役員の高額報酬との関係について考えてみたい。

日本企業はこれまで経営家族主義的な経営理念で経営側と従業員側が運命共同体となって猛烈に働くことで発展してきた。日本人は昔から適切な利益をあげていればよしとする企業風土をもっているのに対して、欧米の企業は限りなき利益の追求で成功することこそが絶えざる企業経営の目標だ。

【参考記事】労働者の限界生産性を忘れていないか──「日本的経営」再考

果たして、日本企業がグロ-バル化戦略によって存続できるのだろうか。こうしたグロ-バル化と外国人役員の高額報酬という課題を考えていくための示唆を提供することが今回の目的である。

ニュース速報

ワールド

新型コロナ薬レムデシビル、投与期間5日も10日も効

ビジネス

日経平均は続伸スタート、米国株高を受け好地合いを引

ビジネス

中・長期的な成長目標の達成可能=ゴールドマン・サッ

ビジネス

JPモルガン、第2四半期の市場部門は50%以上の増

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

  • 5

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年5月
  • 2020年4月
  • 2020年3月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月