最新記事

住宅

流し台の横にベッド、ロンドン劣悪住宅事情

賃貸料の高騰に苦しむロンドンやパリの住まい、あの手この手

2014年6月24日(火)15時51分
ジェシカ・フィーラン

まるで独房 ベッドで部屋の半分近くが埋まってしまうワンルーム www.rightmove.co.uk

 イギリス人の日常会話の定番といえば天気の話だが、昨今の話題の中心は不動産だ。家賃の異常な高騰で、700ポンド(約1200ドル)出しても独房のような部屋しか借りられない。

 なかでも先週注目を集めたのが、ロンドン中心部のとあるアパート。月737ポンドで賃貸広告を出したところ、それから数時間で借り手が見つかった物件だ。とにかく狭いワンルームで、ベッドの位置は台所の流しの横。トイレと浴室は辛うじて付いているようだ。

 似たような話はごろごろしている。例えば先月、月536ポンドという堂々たる金額で貸しに出されたロンドン西部の物件。ベッドに隣接する冷蔵庫の上に電子レンジ、ポット、電気コンロが積み上げられている。部屋というより「台所」にベッドを無理やり詰め込んだ感じだ。小さなシャワーはあるが、トイレの有無は不明。それでもすぐに借り手がついたらしい。

 賃料の高さは、ロンドンだけの話ではない。調査会社のデータによれば、寝室を3つ備えた家の賃貸料を世界の都市で比較すると、香港、モスクワ、カラカス、ニューヨーク、ロンドンの順だという。欧州では、モナコの家賃が最も高く、以下イギリス、ロシア、フランスと続くとするデータもある。

 部屋の狭さで群を抜くのは、パリの物件。約2.5平方メートルで月300ユーロ(約410ドル)の部屋に15年住んでいた人もいる。貯蔵戸棚や大型ゴミの収容場所まで部屋として貸し出していた大家もいるという。

From GlobalPost.com特約

[2014年6月17日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 7
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 10
    米副大統領候補バンス氏「ウクライナをプーチンに引…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中