最新記事

投資

ドラキュラの古城が買い手を募集中

ドラキュラ伝説の舞台とされるルーマニアの城を購入する条件は

2014年5月15日(木)17時19分
ジェス・ジマーマン

波乱の歴史 ブラン城にはドラキュラのモデルとなった人物が幽閉されていたとか Bogdan Cristel-Reuters

 ルーマニアのトランシルバニア地方の山上にそびえたつブラン城は、別名「ドラキュラ城」。もちろん、吸血鬼のドラキュラ伯爵はアイルランド人作家ブラム・ストーカーが19世紀末に発表した恐怖小説に登場する架空の存在だから、この城に本当にドラキュラが住んでいたわけではない。
 
 それでも、中世に建てられたゴシック調の重厚な要塞には、ドラキュラ伝説を彷彿とさせる不気味さが漂っている。しかも、15世紀に実在し、ドラキュラ伯爵のモデルになったといわれる残忍なブラド3世が、この城に幽閉されていたという説もある。

 そんないわくつきの古城が今、新たな所有者を探している。とてつもなく強力なコネと莫大な財産があれば、あなたも世界的に有名なブラン城のオーナーになれるかもしれない。

 「売り出し中」といっても、吸血鬼とその犠牲者たちの魂がさまよっている城だけに、誰にでも売れるというわけにはいかない。城の現在のオーナーは、オーストリア=ハンガリー帝国とルーマニア王室の血を引くドミニク・ハプスブルク大公と2人の妹。彼らから売却を委託されているニューヨークの弁護士マーク・メイヤーは、「妥当な価格での申し入れがあれば、しかるべき人物かどうかを調べたうえで真剣に検討する」と語っている。

 城の所有権争いでライバルとなるのはルーマニア政府かもしれない。ハプスブルク大公らはルーマニア政府に対し、8000万ドルでの売却を提案しているといわれており、購入希望者はそれ以上の金額を提示する必要がありそうだ。

 購入後は莫大な維持管理費用も負担しなければならない。ブラン城には現在、年間56万人の観光客が訪れており、その入場料をあてにせざるを得ないだろう。

 さらに、水道施設の不備にも目をつぶる必要がある。観光客向けのトイレはあるものの、居住部分の水道設備は、ブラン城がチャウシェスク独裁政権の管理下に置かれた時代に破壊されてしまった。

 それでも、さまざまな障害を乗り越えてこの城のオーナーになった暁には、何にも代えがたい経験ができるはずだ。どんな銃撃にもびくともしない城壁、波乱に満ちた歴史(ルーマニア王室も1948年までブラン城に居住していた)、丘の上からの絶景。そして、数え切れないほどある寝室のどこかには、今もドラキュラに狙われた美女の亡霊が眠っているかもしれない。

From GlobalPost.com特約

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 6

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 7

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 7

    少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

  • 8

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月