最新記事

企業

BMWの電気自動車はテスラの敵じゃない

BMWのi3は電気自動車に付きまとう悪評を払拭できなかった

2013年7月30日(火)18時22分
ウィル・オリマス

前評判倒れ 「裕福だがテスラは買えない人向けのEV市場」を狙ったと思われたi3だが Mike Segar-Reuters

 BMWの新型電気自動車「i3」をわくわくして見に行った。試乗して気に入れば、テスラモーターズの「モデルS」を礼賛するのは止めて、たまには違う車を褒めてみようか。だが一目でがっかり。シボレーボルトのように航続距離が短く、ポンティアックアズテックのように醜いし、それでもまだ言い足りないぐらいだ。

 すごい車をつくるという意気込みでi3は開発されたはずだ。テスラのモデルSのように初めから電気自動車として設計されていたし、BMWだから出来がいいに違いない。モデルSの対抗モデルとして期待されていたが、実際はそうでもなさそうだ。

 テスラはモデルSなどの電気自動車開発で一切の妥協を許さなかった。航続距離300マイル、魅力的な外観、7人乗り、快適な加速などによって、モデルSはガソリン車ができることはなんでも、よりよくできることを証明している。

 その逆がBMWだ。i3の航続距離は80から100マイルで、テスラ登場以前のボルトや日産リーフのように短い。その外観はよくて「物珍しい」だけ。たった4人乗り。7秒で時速60マイルに加速するのが電気自動車としては悪くない程度。

 問題は「電気自動車としては悪くない」というのが従来の電気自動車にいつも付きまとってきた批判であるということだ。その点、テスラは電気自動車であることを言い訳にするどころか攻守を変えて、BMWなどのライバルに加速の不安定さや騒音などといったガソリン車の欠点を認めさせた。

ガソリンタンク付属は自信のなさの表れ

 一方、BMWはおどおどしっぱなしだ。ガソリン車開発を止めないのも、いざというときに電気自動車など当てにならないと思っているからだろう。i3には34馬力の発電用エンジンをオプションとして用意した。このエンジンの2.4ガロンのガソリンタンクをつけておけば、電池切れを起こしそうになったときに航続距離を倍増する。役立ちそうだが、電気自動車としては少しさびしい。

 この発電エンジンさえなければi3はなかなかのものだ。軽量素材と考え抜かれたデザインのおかげで、このエンジンを除いた車両重量は2700ポンドだ。一方、モデルSは4650ポンドと重いので小回りがよくない。

 さらにi3がモデルSに勝るのは価格だ。i3は発電エンジンを除けば41350ドルからとなり、格安ではないものの、7万ドルのモデルSよりずっと消費者にとって手が届きやすい。もしi3がBMWのような走行感が味わえるなら、最近話題の「裕福だがテスラに手が届かない人向けの電気自動車」マーケットを征する可能性は十分。ボルトやリーフよりは売れそうだ。

 しかし、ないものねだりかもしれないが、BMWの技術力をもってすれば、テスラのモデルSが高級車クラスでやったことを手ごろな価格帯でもできたはずだ。つまりライバルを性能でも価格でも打ちのめす。ところが、i3は「電気自動車にしては悪くない」という低い目標を自らに課した。ただ、その目標さえクリアできているかは今後を見ないとわからない。見た目は悪くても、せめて快適に走れるといいのだが。

© 2013, Slate

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:米ロが中距離兵器を再配備、中国巻き込み軍

ワールド

アングル:中国、ビザなし渡航で観光客増加 コロナ前

ワールド

ハリス氏、民主党の勝利確約 大統領選 大口献金者と

ワールド

世界的システム障害、復旧になお数日か 米政権も調査
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
特集:まだまだ日本人が知らない 世界のニュース50
2024年7月16日/2024年7月23日号(7/ 9発売)

日本の報道が伝えない世界の仰天事実。世界の今が見えるニュースクイズ50

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピース姿」で公務へ
  • 3
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニセ種は少なくとも数百人の手に
  • 4
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 5
    外国も驚く日本の子どもの貧困...見えていない現実を…
  • 6
    「別人...」ウィル・スミスと一緒に写るジョニー・デ…
  • 7
    トランプのコア支持層MAGAに亀裂?副大統領候補バン…
  • 8
    椅子もマンホールも爆発する中国「チャイナボカン」…
  • 9
    暗殺未遂の瞬間...トランプ前大統領が奇跡的に「死を…
  • 10
    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…
  • 1
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 2
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 3
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過ぎ」で話題に
  • 4
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 5
    ミサイル迎撃の「劇的瞬間」と祝福の雄叫び...「普段…
  • 6
    着陸する瞬間の旅客機を襲った「後方乱気流」...突然…
  • 7
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 8
    韓国でLINEユーザーが急増した理由 日本への反発?
  • 9
    北朝鮮の「女子アナ」がショック死 「内臓がはみ出し…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 5
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 6
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 7
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 8
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
  • 9
    爆破され「瓦礫」と化したロシア国内のドローン基地.…
  • 10
    「何様のつもり?」 ウクライナ選手の握手拒否にロシ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中