最新記事

スマートフォン

ノキア+MSの新製品はiPhone以上

スマホに出遅れ巻き返しを図るノキアが発表した新機種ルミア900はデザインでも他を圧倒している

2012年2月23日(木)13時08分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

敗者復活? ルミア900をプレゼンするノキアのエロップCEO Rick Wilking-Reuters

 ほんの5年ほど前まで、マイクロソフトはスマートフォン向けOS市場で覇を競っていた。そしてフィンランドのノキアは、携帯電話機市場で世界最大のシェアを誇っていた。

 この両王者に痛烈なパンチを浴びせたのが、07年に登場したアップルのiPhoneだ。当初は両社とも余裕だった。値段が高くてキーボードもないアップルの電話機なんて売れっこないと、タカをくくっていた。

 ところが売れた。しかもたくさん売れた。米調査会社IDCによれば、ノキアの携帯電話向けOS「シンビアン」のシェアは07年段階の63%から19%へと急降下。マイクロソフトのOSに至っては、かつての13%が今はわずか2%だ。

 この2社が、敗者復活を期して手を結んだ。そして先週、ラスベガスのコンシューマー・エレクトロニクス・ショーで相当に意欲的な新機種を発表した。

「ルミア900」と呼ばれるノキアの新端末は薄くてデザイン性に優れ、4.3インチの画面に800万画素のカメラを搭載。第4世代の高速通信技術LTEにも対応している。

「北米市場におけるノキアの新たな夜明け」(ノキア・アメリカのクリス・ウェバー社長)を告げる機種だと、報道資料にはある。

 OSには、マイクロソフトの開発したウィンドウズフォンの最新版(通称マンゴー)を採用。インターフェースには大きな「タイル」と呼ばれるアプリボタンが表示され、自由にカスタマイズできる。フェースブックに友達が投稿するとすぐにインターフェースにアップデートが反映されるなど、ダイナミックな機能も備えている。

 マイクロソフトとノキアは昨年2月に提携を結び、ノキアは自前のOSシンビアンを見限ってウィンドウズフォンを採用することにした。この路線変更を推進したのは、マイクロソフトの役員からノキアのCEOに転じたスティーブン・エロップだ。

iPhoneが古く見える

 実を言うと、私はしばらく前から1世代前の機種「ルミア800」を使っている。こちらもマンゴーOSを搭載していて、ポリカーボネート樹脂のシームレスなデザインはエレガントで、OSの動作も速い。既にヨーロッパでは人気の機種で、比べてみるとiPhoneが古くさく思えてくる。

 職業柄、私はいくつもの携帯端末を持っていて、すべて電源を入れてある。それで、電話が着信したとき反射的にどの機種を手に取るか(あるいは外出時にどれを持ち出すか)と言うと、これが決まってルミア800なのだ。

 ルミア900はさらに進化している。画面のサイズは800より大きくなったが、ヨーロピアンテイストのモダンなデザインはそのままだ。

 実際、デザイン面に関する限り、ノキアのルミア900はアップルの製品を超えたと言っていいだろう。

 果たしてノキア版のウィンドウズフォンはアメリカ市場に受け入れられるだろうか。アップルとグーグルが市場を分け合うアメリカに新規参入の余地はないとの見方もある。だがノキアのデザイン主任マーコ・アハティサーリは反論する。「みんなiPhoneのOSを超えるものはあり得ないと思っているが、そんなことはない」

 実際、携帯市場は巨大で今も拡大し続けているから、まだ新規参入で成功する余地はあるだろう。アップルとグーグル、マイクロソフト、果たして生き残るのはどのOSか。ある業界人に言わせれば「全部」だ。ルミア900を見ていると、私にもそう思えてくる。

[2012年1月25日号掲載]

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国工業部門利益、1─4月は4.3%増で横ばい 4

ワールド

米ルイジアナ州、経口中絶薬2種を規制薬物に指定 国

ワールド

仏大統領、24年ぶりドイツ国賓訪問 「欧州は重要な

ワールド

バングラとインドにサイクロン上陸、数百万人に停電被
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 2

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像をウクライナが公開...シャベルで応戦するも避けきれず

  • 3

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃がのろけた「結婚の決め手」とは

  • 4

    カミラ王妃が「メーガン妃の結婚」について語ったこ…

  • 5

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    胸も脚も、こんなに出して大丈夫? サウジアラビアの…

  • 10

    少子化が深刻化しているのは、もしかしてこれも理由?

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発」で吹き飛ばされる...ウクライナが動画を公開

  • 3

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 4

    ウクライナ悲願のF16がロシアの最新鋭機Su57と対決す…

  • 5

    「なぜ彼と結婚したか分かるでしょ?」...メーガン妃…

  • 6

    黒海沿岸、ロシアの大規模製油所から「火柱と黒煙」.…

  • 7

    戦うウクライナという盾がなくなれば第三次大戦は目…

  • 8

    能登群発地震、発生トリガーは大雪? 米MITが解析結…

  • 9

    「天国にいちばん近い島」の暗黒史──なぜニューカレ…

  • 10

    自爆ドローンが、ロシア兵に「突撃」する瞬間映像を…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 8

    ロシア兵がウクライナ「ATACMS」ミサイルの直撃を受…

  • 9

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

  • 10

    大阪万博でも「同じ過ち」が繰り返された...「太平洋…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中