最新記事

タブレット

キンドル・ファイアはiPadに勝てるか

アップルの独壇場だったタブレット型端末市場でアマゾンの新製品が初のライバルになるか

2011年11月7日(月)10時27分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

真剣勝負 199ドルという破格で「キンドル・ファイア」を売り出すアマゾン・ドットコムのベゾスCEO Shannon Stapleton-Reuters

 アップル「iPad」の独壇場と化したタブレット型情報端末市場のことを、ある投資家はこう表現した。「タブレット市場などありはしない。あるのはiPad市場と、辛うじて生き残ったその他の製品だけだ」

 しかし、アマゾン・ドットコムが11月15日に「キンドル・ファイア」を発売すれば、その勢力図も変わるだろう。キンドル・ファイアは7インチのカラー液晶画面で199ドル。iPadなら画面は9・7インチと大きいが、下位機種が499ドルもする。

 9月末にニューヨークでキンドル・ファイアを発表したアマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、「信じ難いほどお買い得」と宣伝した。「低価格のプレミアム商品だ」

 これまでアマゾンは、キンドルとiPadのユーザーはタイプが違うとしてアップルをライバル視してこなかった。だが、ついに戦端は開かれた。ベゾスはiPadを、パソコンと同期するのにケーブルが必要な「欠陥モデル」とからかった。

処理速度が速く、パソコンとも無線で同期

 これはあまりにも重要な戦争だ。アマゾンとアップルは、デジタルメディア界における覇権を争うことになったのだ。コンテンツ販売から始まったアマゾンと、端末販売から始まったアップルが、互いに相手のほうへ近づいて真ん中で鉢合わせしたわけだ。

 iPadに挑戦して敗れた他のタブレット端末と違い、キンドル・ファイアはiPadに大成功をもたらしたのと同じ秘密兵器を持っている。電子書籍や映画、音楽を売るオンラインストアだ。キンドル・ファイアには、クリック1つでアマゾンの通販サイトで買い物ができるソフトが組み込まれている。

 OS(基本ソフト)はグーグルのアンドロイドなので、アマゾンのアンドロイド向けアプリストアからアプリケーションをダウンロードできる。新しい高速ウェブブラウザ「アマゾン・シルク」は作業を2つに分け、より多くの作業を端末ではなくアマゾンのサーバー上で行うため、ページが表示されるのも速い。iPadと違い、パソコンとの同期も無線でできる。

 キンドル・ファイアをアマゾン・プライムと結び付けたのも賢い戦略だ。アマゾン・プライムは、年間79ドルで配送料がただになり、アマゾンが提供する映画やテレビ番組も無料で視聴できるサービス。キンドル・ファイアを買えば、このサービスが30日間無料で試せるという。

いずれiPad並みのサイズの新機種を投入?

 ただし不満もある。カメラやマイクロホンがないし、3Gネットワークに対応していないので通信は無線LANのある場所に限られる。メモリーは8GBとiPadの下位機種の半分だ。

 ITコンサルティング会社クリエーティブ・ストラテジーズのティム・バジャリン社長は、キンドル・ファイアには市場を一変させる可能性があると言う。「アマゾンにとっても業界にとっても重要な製品だ」

 だがiPadと真っ向から勝負するには画面が小さ過ぎる。電子書籍を読むのが主目的で、パソコンとしての使い方は二の次のユーザー向けの製品になる、とバジャリンは言う。アマゾンは来年にもiPadに対抗できる画面サイズの新機種を投入するとみるアナリストもいる。

 キンドル・ファイアは、いずれiPadのライバルになれるのだろうか。タブレット型情報端末でiPadに敗れ去ったサムスン電子やモトローラなどの雪辱を果たせるのか。

 投資家はできると思っている。新製品発表後、アマゾンの株価は2%以上上昇した。消費者がどう反応するかは発売を待たないと分からないが、私自身は今すぐ予約購入するつもりだ。

[2011年10月12日号掲載]

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月