最新記事

タブレット

キンドル・ファイアはiPadに勝てるか

アップルの独壇場だったタブレット型端末市場でアマゾンの新製品が初のライバルになるか

2011年11月7日(月)10時27分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

真剣勝負 199ドルという破格で「キンドル・ファイア」を売り出すアマゾン・ドットコムのベゾスCEO Shannon Stapleton-Reuters

 アップル「iPad」の独壇場と化したタブレット型情報端末市場のことを、ある投資家はこう表現した。「タブレット市場などありはしない。あるのはiPad市場と、辛うじて生き残ったその他の製品だけだ」

 しかし、アマゾン・ドットコムが11月15日に「キンドル・ファイア」を発売すれば、その勢力図も変わるだろう。キンドル・ファイアは7インチのカラー液晶画面で199ドル。iPadなら画面は9・7インチと大きいが、下位機種が499ドルもする。

 9月末にニューヨークでキンドル・ファイアを発表したアマゾンのジェフ・ベゾスCEOは、「信じ難いほどお買い得」と宣伝した。「低価格のプレミアム商品だ」

 これまでアマゾンは、キンドルとiPadのユーザーはタイプが違うとしてアップルをライバル視してこなかった。だが、ついに戦端は開かれた。ベゾスはiPadを、パソコンと同期するのにケーブルが必要な「欠陥モデル」とからかった。

処理速度が速く、パソコンとも無線で同期

 これはあまりにも重要な戦争だ。アマゾンとアップルは、デジタルメディア界における覇権を争うことになったのだ。コンテンツ販売から始まったアマゾンと、端末販売から始まったアップルが、互いに相手のほうへ近づいて真ん中で鉢合わせしたわけだ。

 iPadに挑戦して敗れた他のタブレット端末と違い、キンドル・ファイアはiPadに大成功をもたらしたのと同じ秘密兵器を持っている。電子書籍や映画、音楽を売るオンラインストアだ。キンドル・ファイアには、クリック1つでアマゾンの通販サイトで買い物ができるソフトが組み込まれている。

 OS(基本ソフト)はグーグルのアンドロイドなので、アマゾンのアンドロイド向けアプリストアからアプリケーションをダウンロードできる。新しい高速ウェブブラウザ「アマゾン・シルク」は作業を2つに分け、より多くの作業を端末ではなくアマゾンのサーバー上で行うため、ページが表示されるのも速い。iPadと違い、パソコンとの同期も無線でできる。

 キンドル・ファイアをアマゾン・プライムと結び付けたのも賢い戦略だ。アマゾン・プライムは、年間79ドルで配送料がただになり、アマゾンが提供する映画やテレビ番組も無料で視聴できるサービス。キンドル・ファイアを買えば、このサービスが30日間無料で試せるという。

いずれiPad並みのサイズの新機種を投入?

 ただし不満もある。カメラやマイクロホンがないし、3Gネットワークに対応していないので通信は無線LANのある場所に限られる。メモリーは8GBとiPadの下位機種の半分だ。

 ITコンサルティング会社クリエーティブ・ストラテジーズのティム・バジャリン社長は、キンドル・ファイアには市場を一変させる可能性があると言う。「アマゾンにとっても業界にとっても重要な製品だ」

 だがiPadと真っ向から勝負するには画面が小さ過ぎる。電子書籍を読むのが主目的で、パソコンとしての使い方は二の次のユーザー向けの製品になる、とバジャリンは言う。アマゾンは来年にもiPadに対抗できる画面サイズの新機種を投入するとみるアナリストもいる。

 キンドル・ファイアは、いずれiPadのライバルになれるのだろうか。タブレット型情報端末でiPadに敗れ去ったサムスン電子やモトローラなどの雪辱を果たせるのか。

 投資家はできると思っている。新製品発表後、アマゾンの株価は2%以上上昇した。消費者がどう反応するかは発売を待たないと分からないが、私自身は今すぐ予約購入するつもりだ。

[2011年10月12日号掲載]

ニュース速報

ワールド

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

ビジネス

訂正:日経平均は小反落、円高一服が安心感誘い徐々に

ワールド

焦点:効果上がる米の遠隔医療、規制緩和が活用後押し

ビジネス

アングル:コロナ禍で「余る」航空機、解体・部品業者

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年7月
  • 2020年6月
  • 2020年5月
  • 2020年4月