最新記事

航空機

中国産C919が世界の空に殴り込み

格安航空大手ライアンエアも関心を示した初の国産旅客機で、ボーイングとエアバスの独占体制に風穴を開けられるか

2011年7月1日(金)17時58分
トーマス・サンフ

注目の的 パリ航空ショーに展示された中国のC919(6月20日) Pascal Rossignol-Reuters

 航空機の生産はこれまでずっと、ボーイングとエアバスに牛耳られてきた。そこに参入し、米仏の2社独占体制に風穴を開けようというのが、中国国営メーカーの中国商用飛機(COMAC)だ。

 COMACは6月に開催された航空機見本市「パリ航空ショー」で世界に注目される存在になった。アイルランドの格安航空大手ライアンエアに中型旅客機「C919」を提供するという開発契約を結んだのだ。ライアンエアは現在、ボーイング機のみを採用している。

「市場にはAとBがある。エアバスとボーイングだ。ここにC、つまりCOMACが加わる」と、COMACの親会社である中国航空工業集団(AVIC)の広報担当者は語った。「この市場は大きい。誰もが食い込む余地がある」。ボーイングの試算では、2030年までの航空機市場の規模は年間4兆ドルだ。

 ライアンエアはボーイングにとって、欧州最大規模の顧客。そこが航空機を買ってくれるとなれば、COMACは利益率が高い「中型の単通路型機」市場への足掛かりを得られる。中型単通路型機は今後20年間に生産される航空機の約半分を占める、とボーイングはみる。エアバスの予想では70%と、さらにその割合は高くなる。

 エアバスもボーイングもパリ航空ショーにおいて、新たなライバルの出現を認めた。「新しいメーカーが登場することは分かっている」と、エアバスの広報担当ジェームズ・ロッカは言う。「航空交通量は毎年5%増えており、これ以上、2社独占体制が続くとは思っていない」

 ボーイングの民間航空機部門CEOのジム・オルボーも記者会見で、独占体制が終わったことに同意。ボーイングとエアバスはカナダやブラジル、ロシア、そして中国の新規メーカーと競争することになると語った。

武器はやはり低価格

 市場の変化を見越した中小規模のメーカーは互いに協力・提携して、参入を図ろうとしている。カナダのボンバルディアとCOMACによる部品の共同調達はその一例だ。

 COMACの単通路型機C919は「エアバスA320とボーイング737の直接のライバルになる」と、ボンバルディアの広報担当ミリアネラ・デ・ラ・バレラは言う。「独自の航空機と生産体制を作り出すという彼らの目標は、非常に現実的だ。だからこそ私たちは彼らと提携を結んでいる」

 もっとも、小型機市場に強いボンバルディアにとって、ライアンエアと契約を結んだCOMACはライバルにもなりかねない。「ボーイングやエアバス以外の現実的な選択肢が出来たことは喜ばしい」と、ライアンエアのマイケル・オリアリーCEOはパリ航空ショーで語った。「わが社は200席型のC919の開発に大きな関心をもっている」

 定評あるエアバスとボーイングではなくCOMAC機の採用に魅力を感じるのは、その安さゆえだ。C919の価格はまだ分からないが、COMACが欧州市場に参入するには低価格が必須だろう。同社はさらに、世界で最も成長の速いアジア太平洋地域にも目を向ける。

 今のところはアジアでも、最大の航空機メーカーはボーイングとエアバスだ。しかし間違いなく、COMACはアジアでの地の利を生かして彼らに挑戦を仕掛けていくだろう。

 ボーイングの市場調査によれば、2011〜30年でアジア太平洋地域には1万1450機、総額1兆5000億ドル分の航空機が新たに導入される見込みだ。対する欧州市場では、2030年までに7550機が新規納入され、その総額は8800億ドルだ。

GlobalPost.com特約

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

再送-日本企業の正当な活動を制約、ロシアに抗議=ト

ワールド

インド政府債務の積極的削減はソブリン格付けにプラス

ワールド

ハリス氏、激戦州で集会 トランプ氏なら「混乱と憎し

ビジネス

トランプ氏のEV支援廃止、競合社の方が打撃大きい=
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 6
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    携帯契約での「読み取り義務化」は、マイナンバーカ…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中