最新記事

ジョブズ

アップルは磐石でも決定的に変わること

ジョブズ無期限療養で株価急落。アップル・ウォッチャーはそれでも楽観的だが、いずれ失われたものの大きさがわかる

2011年1月19日(水)16時07分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

アイコンの涙 普通に優秀な会社としてやっていくには困らない。だけど……。 Mike Segar-Reuters

 アップルのスティーブ・ジョブズCEOが再び療養休暇に入った。今回は、前回の療養と違い無期限だという。これにより時価総額3000億ドルの同社を支える株主たちは「ジョブズ後」のアップルの行く末を懸念。株価は一時10%近く値を下げた。

 ところが、社の戦略や人材など内部事情に詳しいアップルウォッチャーたちは、市場よりはるかに楽観的だ。最大の理由は、これまでジョブズが経営陣に才能豊かな人物を登用してきたからだ。その筆頭は、COO(最高執行責任者)のティム・クック。IBMとコンパックを経てアップル入りしたベテランで、ジョブズがいない間、経営を任されることになる。

「戦略的ビジョンを掲げ、それを実行していくことにかけて、彼の右にでる者はいない。大規模な事業を細部にまで徹底して行う術を知っている」と、アップルの元幹部ジャンルイ・ガッセは言う。「前回スティーブが休職したとき(09年に肝臓移植手術を受けたとき)も、ティムが経営にあたり、何の問題もなかった」

ジョブズのように考えられる経営幹部

 米調査会社クリエーティブ・ストラテジーズのティム・バジャリン社長は先週、米携帯電話最大手ベライゾンによるiPhone発売が発表されたときにクックと話したという。「多くの人たちが考えているより、彼(クック)が大きな権限を持っていると感じた」と彼は言う。「彼はジョブズと同様に社のすべてを把握している」

 バジャリンによればアップルには特有の企業文化があり、社外の人物が同社のCEOとしてジョブズの穴を埋めるのは、ほぼ不可能だという。「彼らは独自の主義主張で動いている。アップルには、スティーブ・ジョブズの考えを形にすることのできる人物が必要だ」と彼は言う。「その役割を果たせる人物は同社には1人しかいない。ティムだ」

 クックの重要な補佐役となるのは、マーケティング担当のフィル・シラーと、デザイン部門責任者で世界最高の工業デザイナーの1人とされるジョナサン・アイブだ。さらにもう1人、忘れてならないのは、小売大手ターゲットを辞めてアップルの販売担当責任者になったロン・ジョンソン。「スティーブはあらゆる分野で、アップルの考え方に順応できるベストな人材を集めた」とバジャリンは言う。「だから彼らにすべてを任せた」

 ジョブズには素晴らしい才能がいくつかある。1つは先見の明。数年後を見通した製品をデザインする力だ。さらに容赦ない完璧主義(周囲の多くをいらいらさせた)も、ジョブズの成功に欠かせない。彼は人の感情を傷つけるのを恐れない。シンプルで自分が使いたくなる製品を要求する。

 だがおそらく彼の最も重要な資質はそのカリスマ性だろう。これがあるからこそ、数万人のアップルの社員は、何度「ノー」と跳ね返されても、彼の後をついてきたのだ。

 ジョブスは技術者やデザイナーに、これでは満足できないからやり直せと言い渡す。彼らが何カ月も費やしてきたことも、その新製品に誇りを持っていることも知っている。それでも「悪いが、却下だ」。より少ない機能でより高いパフォーマンスが欲しいのであって、より多くの機能でより低いパフォーマンスではだめだ。

ニュース速報

ワールド

イラン外相、核施設の異常事態でイスラエルへの報復を

ワールド

新型コロナ「終息に程遠い」、混乱招く対策が感染の引

ビジネス

IMF、今夏のSDR配分目指す 中所得国支援=筆頭

ワールド

バイデン氏、サイバー・移民問題への対策強化 要職に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

2021年4月20日号(4/13発売)

コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 10

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月