最新記事

ネット

究極のiPadアプリ「フリップボード」

ツイッターやフェースブックの必要な情報だけを雑誌風にレイアウトしてくれる「ソーシャルマガジン」が超便利

2010年9月29日(水)15時23分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

アクセス殺到 フリップボードを初めて無料公開した7月には、20分でサーバーがダウンした Courtesy of Flipboard

 米フリップボード社の本社はこのところとても活気に満ちている。従業員わずか19人の同社は7月に初のiPad用アプリケーションソフト「フリップボード」を無料で提供し始めた。するとダウンロードのアクセスが殺到し、サーバーは20分でダウン。取りあえず利用希望者をウエーティングリストに載せるのが精いっぱいで、希望者全員の登録が終了したのは2週間後だった。「反響は予想を超えていた」と、同社の共同創設者でありCEO(最高経営責任者)のマイク・マキューは言う。

 現在43歳のマキューは今から10年前、電話からの音声で市況や映画情報などを検索できるソフトを作るテルミー・ネットワークス社を創業。07年に同社を推定8億ドルでマイクロソフトに売却した。そんな彼にとっても、このアプリへの反応は「これまで見たことのないものだった」という。

 何がすごいのか。フリップボード社が開発したのは、利用者がフェースブックやツイッター上で友人から得た情報を取り込み、それをマキューが言うところの「世界初のソーシャルマガジン」として表示するツールだ。

カスタマイズされたジャーナリズム

 ツイッター上にある記事へのリンクは小さくて見にくいが、フリップボードではお気に入りの記事や画像などの情報を整理して、雑誌のようなレイアウトで見ることができる。閲覧するには、雑誌のページをめくるのと同じように指先で軽くはじくだけでいい。

 私は映画評論家ロジャー・エバートのツイッターをフォローしているが、エバートはウェブ上の記事や写真へのリンクを次々と発信している。ツイッターで彼の記事を読むためには各リンクをいちいちクリックしなければならず面倒だ。だがフリップボードを使えば、面白くてセンスのある編集者が発行する小型雑誌を購読しているような素晴らしい体験ができる。

 このアプリを使えば、ツイッターから情報を集めている人は誰でも雑誌の管理人になることができる。私たちは、完全にカスタマイズ化されたジャーナリズムの世界へと足を踏み入れつつある。そしてこの変革の担い手は巨大メディア複合企業ではなく、シリコンバレーのちっぽけな一企業なのだ。

 問題があるとすれば、表示されるデータのほとんどがエバートやフリップボードの所有物ではないということ。ほかのウェブサイトからコンテンツを「かき集める」やり方は違法ではないか、とブロガーたちは騒いでいる。

マイクロソフト出身とアップル出身

 だがマキューによれば問題はない。表示しているのは記事の一部だし、リンク先として元のアドレスを組み込んでいるからだ。アプリ公開から4日間のうちにメディア企業150社がマキューに電話をかけてきて、彼との面会やフリップボードの「おすすめリスト」への掲載を希望した。

 マキューのパートナーはかつてアップルのエンジニアだった29歳のエバン・ドールだ。ツイッター上でニュースを読みにくいと感じた2人は「ソーシャルマガジン」のコンセプトを思い付いた。アップルが1月に発表したiPadがソーシャルマガジンにとって理想的な機器だと気付くと、すぐにプログラムの作成を始めた。

 フリップボードはビジネスモデルを確立したわけではないが、記事の隣に広告を表示してウェブ記事の発信元と広告収入の一部を分け合うことを計画している。iPad上でアプリに表示される広告は安っぽいものではない、より「上質」なものになるとマキューは確信している。

ニュース速報

ワールド

南アのコロナ変異種、感染力強いと確認 再感染の恐れ

ビジネス

米、ノルドストリーム2関与のロシア船制裁 ナワリヌ

ワールド

世界のコロナ死者、「近く」週間で10万人突破へ W

ビジネス

世界経済見通しは非常に不確実、新型コロナで=IMF

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 2

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 5

    米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

  • 8

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 9

    州兵たちの仕事は「愛国」を叫ぶ同胞たちから議事堂…

  • 10

    韓国・朴槿恵前大統領、懲役20年実刑確定で、李明博…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 8

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    菅首相、1分に1回以上口にする「ある口癖」 言葉が心に…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 8

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 9

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

  • 10

    ジャック・マーは中国当局に「消された」のか? 中…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月