最新記事

SNS全盛でシリコンバレーが失ったもの

フェースブック
過去か未来か

打倒グーグルの最有力候補は
会員5億人の「お友達帝国」

2011.01.12

ニューストピックス

SNS全盛でシリコンバレーが失ったもの

Friends Without Benefits

一攫千金の技術ではアメリカのモノ作りは没落する。リアルな価値を生み出す投資をもっと増やすべきだ

2011年1月12日(水)17時00分
ダニエル・ライオンズ(テクノロジー担当)

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)最大手のフェースブックが怒っている。なぜか。10月1日にアメリカで公開された映画『ソーシャル・ネットワーク』が、同社誕生の経緯を好き勝手にねじ曲げているからだ。

まあ、ご立腹はもっともだ。それでも私は、この映画を面白いと思う。確かに物語のほとんどはフィクションだが、今のシリコンバレーに蔓延する「一獲千金」願望と、それで成功してきた人たち(フェースブックの創業者で26歳のマーク・ザッカーバーグもその1人)について、かなりの真実を伝えているからだ。

 かつてのシリコンバレーをリードしていたのは、物理学博士で集積回路の発明に携わり、インテル設立に参加したロバート・ノイスのような科学者やエンジニアだった。当時のシリコンバレーでは誰もが物理学や電子工学といったハードな科学に取り組み、モノづくりに励んでいた。だからこそ半導体(シリコンバレーという名の由来だ)が生まれ、パソコンや各種のソフトウエアが生まれた。

古参インテルやアップルとの違い

 しかし、今のシリコンバレーはカジノだ。頭のいい若者たちがやって来て会社を立ち上げるのは、手っ取り早く大金を稼ぐため。たいていの会社は(無意味とは言わないまでも)まともなモノづくりとは無縁で、古参のヒューレット・パッカードやインテル、アップルなどとは似ても似つかない。

 今のシリコンバレーで最も熱い企業は、フェースブックにツイッター、そしてジンガだ。では、彼らはいったい何をしているのか。

 フェースブックを使えば、友達と連絡を取り合うことができる。なかなか深遠なサービスだが、全世界5億人のユーザーに一斉に広告を流す仕組みのおかげで、同社の今年度の収益は約15億ドルに上る見込みだ。

 ツイッターは、その多くのユーザーに暇つぶしとセレブのつぶやきウオッチングの楽しみを提供している。会社自体は今も利益を出すのに四苦八苦しているが、それでもツイッター用の小さなアプリケーションを開発する多数の企業には資金が流れ込んでいる。

 その1つがジンガだ。フェースブック用のアプリ開発業者としては最大の規模を誇り、「ファームビル」や「マフィアウォーズ」といったちゃちなゲームで人気を博している。そうしたゲーム内で使うバーチャルグッズの売り上げが好調で、今年度の収益は5億ドルに上りそうだとか。

 何か大切なものが失われてしまったのではないか。ベテラン技術者の間からは、そんな声が聞こえてくる。「昔のシリコンバレーでは、みんなが真に困難な問題の解決に挑み、自分の技術に賭けていた」と言うのは、マイクロソフトの最高技術責任者だったネーサン・ミアボルド。「(しかし今は)人まねと金儲けだけの人が多過ぎ、本当に大事な問題に取り組む人が足りない」

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:ケント・ギルバート現象

2018-10・30号(10/23発売)

人気の「外タレ」からヒット連発の保守論客へ── 「ケント本」ブームの背景にある日本の断層線

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    日中首脳会談に望む──習近平は「一帯一路」で「宇宙…

  • 6

    ジャマル・カショギがジャマール・ハーショグジーで…

  • 7

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 8

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 9

    世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河…

  • 10

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 7

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 8

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 9

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 10

    この虫を見たら要注意!大量発生で農作物や木を枯ら…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い…

  • 10

    韓国を訪れる日本人観光客、再訪率は高いが満足度は…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月