最新記事

4次元の「小さな木」を追い求めて

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

4次元の「小さな木」を追い求めて

Marco Invernizzi

マルコ・インベルニッチ(盆栽アーティスト)

2010年5月21日(金)12時07分
佐伯直美(東京)、マルコ・コチ(ミラノ)

 スリムな長身に長めの黒髪、サングラスに重ねづけしたシルバーのネックレス。一見すると、今どきなラテン系の遊び人といった風貌で、マルコ・インベルニッチ(32)は現れた。

 待ち合わせ場所は銀座のしゃれたイタリアンレストラン----ではなく、小さな盆栽店。着いて早々、インベルニッチは店先を見回すと、「これけっこう面白いよ」と言って、根が石にからまり、幹が力強くカーブした五葉松を指さした。「盛岡の近くにそっくりな場所がある。岩場ギリギリに松が生えていて、下のほうに低い木があって。厳しい自然に挑むような木の姿がたまらないね」

 ミラノを拠点とする盆栽家のインベルニッチにとって、盆栽はガーデニングの延長ではなく、あくまでもアートだ。「イタリアは昔から石の文化の国。石の建築や彫刻は一度作ったら何百年たっても変わらない」と彼は言う。その点、盆栽はアーティストの成長に応じて変わり、他者の手に渡った後もうまくすれば数百年でも進化し続ける。完成することのない芸術に、ミケランジェロやラファエロの世界にはない魅力を感じた。「彫刻のような立体に、時間という要素が加わった4次元のアートだ」

 16歳のとき初めて手にした盆栽も、いまだにミラノのスタジオで4次元を漂っている(クリスマスに母親からもらったガジュマルだ)。当時テレビで映画『ベスト・キッド3』を見たインベルニッチは、普通なら空手に夢中になるところを、なぜか空手の達人ミヤギが育てる盆栽に一目ぼれした。「心臓を撃ち抜かれたように、これこそ僕のアートだと感じた」

 以来17年間、彼は芸術への情熱と野心を「小さな木」に注いできた。ミラノのイタリア人盆栽家に師事した後、21歳で来日。インベルニッチが「世界一の親方」と呼ぶ著名な盆栽家、木村正彦の初の外国人弟子として4年間修業した。「器用で頭もいい。いちばん大事な感性もちゃんともっていた」と木村は語る。「外国から修業に来る者は心構えが違う。1日でも休めば損をするという感じです」

 帰国して7年たつ今も親方に学んだ技を忠実に守り、作風も基本は伝統的な日本スタイル。重要なのは目新しさではなく、「鉢植えの老成した木を通して、自分が自然をどうとらえているかを表現すること」だと考えている。

 しかし同時に、盆栽の未来を切り開く使命感も強い。07年に立ち上げたウェブサイトでは、自ら宇宙飛行士からフラメンコダンサーまで多彩なコスプレ姿で登場。肝心の盆栽がかすむほどポップな仕立てだが、その裏には「若者に盆栽を身近に感じてほしい」という思いもある(身近かどうかは別として、従来の盆栽家のイメージが吹き飛ぶのは確かだ)。

 講義やワークショップも、イスラエルから南アフリカまで世界各地で精力的に行う。最近日本で人気のミニ盆栽や苔玉も、最初の入り口としてはいいと寛容だ。

 ただし自分にとって理想の盆栽の条件は、「老成した木に見えること」と「自然の情景に基づいていること」。それもただの自然ではなく、厳しい環境で変形したり険しい山頂で懸命に枝を伸ばす木の姿が好きだ。

 インスピレーションを得るため、時間を見つけては珍しい木を探しに旅に出る。取材中、夏に訪れたマダガスカルの写真を見せてくれた。広い平地から天に伸びる手のようなバオバブの木。こんな盆栽は?「ありだと思う。自然に存在する木の情景だから。ただし、古い木に見えないとダメだけどね」

 そんな作品が世界で評価されたとき、盆栽は新たな進化を遂げるかもしれない。

[2008年10月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米ウォルマート、8─10月も米既存売上高が予想上振

ワールド

英国、EU残留か合意なき離脱の公算大きい=シティ

ビジネス

イタリア、「同盟」が次回選挙で過半数獲得ならユーロ

ワールド

英EU離脱担当相ら辞任、協定案承認に抗議 与党でメ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 6

    人肉食が予防した不治の病

  • 7

    期待の中国でも販売シェア半減に 韓国現代自動車は…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 10

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 1

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓国大法院判決全文の熟読で分かったこと

  • 2

    【動画】本当に飛んだ、ドバイ警察の「空飛ぶバイク」

  • 3

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 4

    金融庁も激怒した、日本の投資信託のイケてなさ

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 7

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 8

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    離陸前のインドネシア機から乗客脱出 荷物室にあっ…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    ベジタリアンに人肉を提供して殺人が発覚

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    安倍首相はよく耐えた!

  • 7

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月