最新記事

藤田哲也(気象学者)

世界が尊敬する日本人

国境と文化の壁を越えて輝く
天才・鬼才・異才

2009.04.24

ニューストピックス

藤田哲也(気象学者)

気象界のミスター・トルネード

2009年4月24日(金)18時14分
フレッド・グタール(サイエンス担当)

University of Chicago Photo

 アメリカの天気予報官の間では、今は亡き気象学者、藤田哲也の名前はおなじみだ。藤田が提唱したトルネード(竜巻)の規模の基準は「フジタスケール」として知られ、今でも広く使われている。

 真にクリエーティブな科学者らしく、藤田の原動力は好奇心だった。若いころ、山に登って雷雲を調査しているうちに、冷たく湿った下降気流の存在に気づいた。

 藤田はシカゴ大学の研究者が下降気流の計測を始めたことを知り、53年に渡米。シカゴ大学の研究員になった。

 藤田の型破りな研究方法は論議を呼んだ。彼は飛行機から気象を観察し、直感でハリケーンなどの仕組みを推測した。その手法ゆえ、仮説が仮説で終わることも多かった。だが彼の超人的な勘は、気象学という新しい学問の進歩に重要な役割を果たした。

 米大気研究所の科学者ジム・ウィルソンは98年、藤田の死を悼んでこう語った。「藤田は直感の人だった。普通の研究者が想像もしないようなことを思いついた」

 藤田は71年、実際の被害の程度などをもとにトルネード階級表を考案した。気象学者らはすぐに、このフジタスケールを基準に採用。藤田には「ミスター・トルネード」の愛称が贈られた。

[2006年10月18日号掲載]

ニュース速報

ワールド

独、コロナ対策のロックダウンを28日まで延長へ=報

ワールド

オーストリア、ワクチン共同生産へ デンマーク・イス

ビジネス

独失業者数、2月は予想に反し増加 失業率は横ばい

ビジネス

野村、グループCEOの奥田氏が証券社長を兼任 取締

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 9

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月