コラム

独裁者っぽさがどんどん増すトランプ(パックン)

2018年11月22日(木)18時50分
ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)
独裁者っぽさがどんどん増すトランプ(パックン)

Is This Democracy? (c)2018 ROGERS─ANDREWS McMEEL SYNDICATION

<以前から独裁者としての要素を多く持っているトランプだが、中間選挙を経て、民主主義を求める民意に反してさらに独裁的になっている>

彼は社会的な不安が高まるなか、移民や少数民族、外国に対する恐怖をあおった。大衆迎合主義と国家主義の波を起こして選挙に当選した。自分への忠誠を求め、将軍と家族で政府幹部を固めた。メディアや司法機関を支配しようとし、裁判所に自ら選んだ判事を詰め込んだ。権力をもって自己利益を要求し、政敵を制裁した。彼の顔は目の周りだけが白くてあとはオレンジだ。

誰の話か、最後の一文がないと分かりづらいはず。ドナルド・トランプ米大統領のいろいろをつづっただけだが、大半の項目はトルコのレジェップ・タイップ・エルドアン大統領やロシアのウラジーミル・プーチン大統領、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領、または歴史上の独裁者の多くにも当てはまるだろう。

2年前、ハーバード大学の教授が「大統領が独裁者かどうかが分かる10の特徴」を挙げた。トランプはその中の7つを既にクリアしている。また別の同大学教授2人が『民主主義の死に方』(邦訳・新潮社)という本で独裁政権の特徴を4つ紹介したが、トランプはそのどれも満たしている。本人も独裁者に見えることを嫌がっていないようだ。先月「俺は国家主義者だ」と公言し、大統領令は憲法を超えると主張した。あとはどこかの広場にバカでかい「トランプ像」を建てたら完璧だ。

そんな状況でアメリカは、totalitarianism(全体主義)か democracy(民主主義)を選ぶ重要な選挙を今月6日に行った。当然、民主主義を選んだ国民が圧倒的に多かった。トランプの共和党への反発も強く、民主党は30以上の下院議席を増やし、7つの州知事を、300以上の州議席を勝ち取った。

上院選でも全国の得票数で1600万票近く差をつけ、民主党は共和党に圧勝して議席を......減らしてしまった。実は各州から2人選出されるため、人口が少なく、共和党寄りの州が圧倒的に有利。例えばワイオミング州とカリフォルニア州の間の「1票の格差」は60 倍以上ある。ワイオミングに住んでいる僕の弟ライアン君もカリフォルニアに住む60人分もの票を持っているということだ。これが心配。ライアン君は変な人だから。

でも、問題なのは選挙制度よりも大統領の態度。トランプは選挙後、下院を勝ち取った民主党を「戦闘態勢」で迎えると誓った。司法長官を更迭し、自分を保護する人を長官代理に任命した。メディアを「国民の敵」と言い放ち、気に食わないCNN記者のホワイトハウス入館証を取り上げた。民主主義を求める民意に反して、トランプはむしろ独裁っぽさを増している。

本当に重要な選挙は2020年にあるだろう。

【ポイント】
I GUESS THEY WEREN'T KIDDING WHEN THEY SAID THIS WAS AN IMPORTANT ELECTION...

重要な選挙だって言ってたのは本当だったんだな......。

<本誌2018年11月27日号掲載>


※11月27日号(11月20日発売)は「東京五輪を襲う中国ダークウェブ」特集。無防備な日本を狙う中国のサイバー攻撃が、ネットの奥深くで既に始まっている。彼らの「五輪ハッキング計画」の狙いから、中国政府のサイバー戦術の変化、ロシアのサイバー犯罪ビジネスまで、日本に忍び寄る危機をレポート。

プロフィール

ロブ・ロジャース(風刺漫画家)/パックン(コラムニスト、タレント)

<パックン(パトリック・ハーラン)>
1970年11月14日生まれ。コロラド州出身。ハーバード大学を卒業したあと来日。1997年、吉田眞とパックンマックンを結成。日米コンビならではのネタで人気を博し、その後、情報番組「ジャスト」、「英語でしゃべらナイト」(NHK)で一躍有名に。「世界番付」(日本テレビ)、「未来世紀ジパング」(テレビ東京)などにレギュラー出演。教育、情報番組などに出演中。2012年から東京工業大学非常勤講師に就任し「コミュニケーションと国際関係」を教えている。その講義をまとめた『ツカむ!話術』(角川新書)のほか、著書多数。近著に『大統領の演説』(角川新書)。

パックン所属事務所公式サイト

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

ニュース速報

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(1

ワールド

イラン保健相、厳しい第2波リスク警告 都市封鎖後の

ワールド

米国は「離脱中毒」、WHO脱退表明を中国が批判

ワールド

韓国、20年成長率見通しを0.1%に引き下げ 新型

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 2

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 3

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 4

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 5

    コロナ禍で制約を受けるアメリカの日常は、黒人にと…

  • 6

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

  • 7

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 8

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 5

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!