コラム

テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

2020年02月25日(火)16時30分
テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

テレビ討論会では精彩を欠いたブルームバーグだが…… MIKE BLAKEーREUTERS

<過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは大コケした。民主党内だけでなく、トランプの格好の標的にも。それでも彼の「脱落」を語るのはまだ早い>

マイケル・ブルームバーグが離れ業をやってのけた。なんとアメリカを一つにまとめたのだ。

共和党支持者も民主党支持者も、高齢者も若者も、エリート層知識人も勤労者階級も、2月19日の米大統領選民主党テレビ討論会を見た人は誰もが心を一つにして、億万長者で前ニューヨーク市長のブルームバーグを鼻持ちならない男と感じた。

過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは他の候補者たちから集中砲火を浴びて準備不足を露呈し、いら立ちをあらわにした。巨額の私財をつぎ込んだ選挙CMにより、一部の世論調査で民主党の候補者指名争いで2位に躍り出たものの、今回のテレビ討論会は大失敗だったように見える。

今年の大統領選ではさまざまな予測や分析が示されているが、ブルームバーグが初めて臨んだテレビ討論会で大コケしたという点では、珍しく大半の人の見方が一致している。しかし近年は、アメリカの選挙をめぐる「通説」ほど当てにならないものはない。

実は、ブルームバーグにとって好材料は少なからずある。第1に、ブルームバーグが大金を投じてテレビやラジオ、インターネットに流した選挙CMを視聴した人は、今回のテレビ討論会を見た人の5倍に上る。選挙に及ぼす影響力は、醜態をさらしたテレビ討論会より、選挙CMのほうが大きいのだ。

第2に、ブルームバーグが参戦した途端に全米でテレビ討論会への関心が一挙に高まったことは、彼がテレビスターの資質を持つことを示唆している。現在のホワイトハウスの主も、大統領になる前はテレビのリアリティー番組で活躍した人物だ。

第3に、トランプ大統領はこの日のテレビ討論会以降、ツイッターでもっぱらブルームバーグを攻撃の標的にしている。資産の規模も過去の業績も自分よりはるかに大きく、地元ニューヨークでの人気も高い前市長を強烈に意識しているらしい。トランプは敵の力量を測ることにたけている。彼が大統領選で最大のライバルと位置付けているのは、ブルームバーグだ。

サンダースも盤石ではない

第4に、民主党の候補者選びで現在トップを走っているのはバーニー・サンダース上院議員だが、その座は盤石とは言えない。民主党の予備選でこれまで最有力と見なされたジョー・バイデン前副大統領、エリザベス・ウォーレン上院議員、ピート・ブティジェッジ前サウスベンド市長は、いずれも他の候補者たちから厳しい批判を浴びせられてきた。

その点、今はブルームバーグに批判が集中しているため、サンダースは比較的傷を負わずに済んでいる。しかし、このままでは終わらないだろう。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

ニュース速報

ワールド

サウジとの減産合意「非常に近い」─ロシア要人=CN

ワールド

安倍首相:緊急事態宣言7日にも発出、経済対策の事業

ワールド

中国本土のコロナ感染者39人増、無症状は78人増 

ワールド

東京都、新たに約100人の感染確認=報道

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(4日現在)

  • 2

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆発の警告

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 9

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 6

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 9

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 10

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    ついに日本は終わった

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!